サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

お肌の正しい黒ずみケアで解消したら透き通る美白肌で蘇ろう

Contents

こんにちわ。
『サラズミ』を運営している 皿墨 美咲(さらずみ みさき)です。
私も学生時代から、脇やデリケートゾーンの黒ずみにはかなり悩まされたひとりです。

このような黒ずんだ悩みは、友人には言えませんでした!

そんな女性にとって美肌とは、美しさの象徴として、とても価値のあるものです。

しかし実際は、多くの肌トラブルに悩まされているのが現状です。

身体のあちこちに見られる黒ずみは、その悩みの中でも上位にあげられています。

友達には相談できない!正しいデリケートゾーンの黒ずみケアって?

脇やデリケートゾーンの黒ずみケアの悩みは、なかなか友達同士でも相談がしづらいもの。。。

一人で悩んでいる女性は意外と多いんです。

そんな悩みを解消するために、お肌の黒ずみが起きるメカニズムと、黒ずみを改善させるスキンケアの方法についてご紹介。

正しい知識を身につけて、黒ずみとサヨナラしましょう!

デリケートゾーンの黒ずみはなぜ起きる?メカニズムを解明

お肌の黒ずみは全身に起こりうるものです。脇やひじ、ヒザ、そしてデリケートゾーンのVIOラインなどは特に気になりますよね。

肌の黒ずみは、メラニン色素の沈着によって起こります。メラニン色素が沈着する原因にはいくつかあります。

・加齢によるターンオーバーの衰え
・妊娠や出産に際したホルモンバランスの変化
・下着の締め付けや脱毛などによる肌ストレス

以上、3つが主な原因として挙げられます。

ここでターンオーバーについて触れておきましょう。

ターンオーバーとはお肌が生まれ変わる細胞周期のこと。健康なお肌は約28日周期で生まれ変わり、角質やメラニン色素が沈着した古い皮膚をアカとしてはがし、新しい表皮が表面に押し上げられます。

30代を超えたころからこのターンオーバーが遅れ始め、古い皮膚の老廃物が残ってしまうのです。すると古い角質やメラニン色素がどんどん蓄積し、その結果黒ずみを目立させることになります。

合わない下着や間違ったお肌のケアが黒ずみの原因に

古い角質やメラニン色素が沈着する原因は加齢だけではありません。もう一つの大きな原因がムダ毛の処理や洋服の摩擦など、外部からの刺激による肌ストレス。

サイズのきついショーツや強い締め付けの下着でVラインに跡がついた経験のある方も多いはず。また、自己流の脱毛による刺激や、脱毛サロンの光脱毛によるダメージも黒ずみのもと。

股のVIOゾーンは特に摩擦や刺激を受けやすい箇所。デリケートゾーンの皮膚は身体の中で最も薄いため、ダメージを受けやすいのです。

外部からの刺激を受け続けると、そのストレスからお肌を守ろうとする防衛反応でメラニン色素が過剰に分泌されることがあります。
この状態が繰り返されることで肌のターンオーバーが乱れ、メラニンが蓄積してお肌が黒ずんでしまうのです。

そのほか、妊娠や出産をきっかけに黒ずみが気になるケースも。母体が出産に備えるとホルモンバランスが変化し、メラニン生成が活発化します。そのためデリケートゾーンや乳首・乳輪、脇などが黒ずむ結果に。

正しいスキンケアを行えば黒ずみは怖くない!

黒ずみの原因がターンオーバーの乱れによることは先述のとおり。そしてターンオーバーの乱れを引き起こすお肌の天敵が乾燥なんです。

お肌は一定量の水分が保たれることでストレスから肌細胞を守っています。水分が足りなくなると、刺激や摩擦などのストレスダメージを皮膚が直接受けることに。

デリケートゾーンは特にお肌が薄い箇所なので、ほかの部分よりも水分を保つことができません。

したがってデリケートゾーンの黒ずみ対策には、保湿効果や専用対策成分がたっぷり含まれた専用ケア製品を選ぶのがおすすめ。

有効成分として、美白効果が高く刺激の少ない「トラネキサム酸」や「ビタミンC誘導体」などが配合されたものが良いでしょう。これらは厚生労働省から認可された成分で肌トラブルの心配も少なく安全です。

香料やアルコール、鉱物油などお肌に刺激の強い添加物が含まれていないこともポイント。

また、保湿力を長時間保持し、アルコールなどの刺激物が少ないクリームタイプを選ぶと、よりお肌をストレスから守ってくれます。

デリケートゾーンを保湿するときのポイントを抑えてケアしよう

お肌のお手入れをするタイミングはお風呂上りがおすすめです!

余分な皮脂や汚れを落とした後の清潔な状態で行うのが良いでしょう。そのほか朝のお出かけ前の保湿も肌ストレスを軽減させます。
まず、清潔な手で保湿剤を手に取ります。商品によって適量がありますので、使用用量を確認しましょう。

手のひらの温かさで保湿剤をあたためるように軽く広げ、指のお腹を使ってクリームを優しくデリケートゾーンになじませていきます。

この時にゴシゴシ擦り込むと摩擦で肌ストレスが生じますので、保湿剤をお肌に押し込むようにするのがポイント。

最後にお肌に残ったクリームを、柔らかい布やティッシュで軽く抑えるようにしてふき取ります。

そのほかの注意点や黒ずみを予防するためのケアをご紹介

デリケートゾーンをケアするときに特に注意したいポイントが、粘膜に保湿剤を塗らないようにすること。

粘膜には常在菌が存在し、病原菌や雑菌が体内に侵入するのを防いでいます。

保湿剤を粘膜に塗り込んでしまうと常在菌を刺激し、お肌のトラブルにつながる可能性があります。

また普段からつける下着も、コットンやシルクなどの通気性の良い素材で腰回りや股下にゆとりのあるサイズを選ぶと肌ストレスが軽減されます。

自分でムダ毛を処理する人はお肌に負担をかけないように心がけることも大切。処理前と処理後にはしっかりと保湿を行うだけでも黒ずみ予防効果が変わりますよ。

恋愛の妨げになり得る見た目の問題とは?黒ずみ膝は恋愛成就の敵

恋愛を成就させるためには外見を磨くことが重要。自分が思っているよりも男性は見た目を気にしています。

恋愛の妨げになり得る見た目の問題とは?黒ずみ膝は恋愛成就の敵

特にスカートはいた時にちらっと見えた膝が黒ずんでいると、印象はマイナス。黒ずみを解消するためには毎日の保湿ケアが大切です。

あなたは「見た目」重視派?それとも「内面」重視派?自分が内面重視派だからと言って、見た目のケアをおろそかにしていると恋愛のチャンスを逃しているかもしれません。

女性が思っているよりも男性は「見た目」重視

女性は「性格」、男性は「見た目重視」なんてことを聞いたことがあるかもしれません。実際に「恋人を探す際に重視するのは内面か外見か」という質問に対して、外見と答えた男性は6割を越え、いかに男性が見た目重視かということがわかります。

男性がこれほど女性の外見にこだわる理由は「本能によるもの」という意見があります。女性の場合、子どもを産んで将来安心して育てられるかどうかを見ています。その結果、外見だけでなく経済力や包容力などを総合的に判断しますが、男性は「より良い遺伝子を後世に残したい」という気持ちが強く現れます。生まれてきた子供の外見が良い方が将来生存競争に有利になるので、子どもを産んでくれる相手にも外見を重視する傾向があるのです。

男性が女性を見る時にはつい「脚」を見てしまう!?

男性が女性を見る時についつい見てしまうパーツはどこだと思いますか?「髪」「目」などの顔や、顔に近い部分だけでなく「脚」に目が行くという男性は多いのです。

男性が女性を見る時にはつい「脚」を見てしまう!?

スカートをはいている女性とパンツをはいている女性ではどちらが魅力的に感じるかというアンケートでは、約70%の男性が「スカート」と回答。やはり女性らしい服装であるスカートに肯定的な意見が多いです。

合コンや街コンなど恋愛に発展することがありそうな場に行く時には、スカートスタイルで行くとより自分を魅力的に見せることができます。

脚を出すなら膝に注意!黒ずみ膝は恋愛の妨げに

恋愛において脚が重要なパーツになるということは、脚のケアにも全力で取り組む必要があります。特に「膝」は年齢が出やすいと言われる部分。膝の乾燥や黒ずみに悩む女性も少なくありません。

膝に限らず肘など関節部分は、よく動かす部分で皮膚が伸縮するので黒っぽく見えやすい部分です。また、膝は皮脂腺が少ない部分で乾燥がしやすく刺激に弱いところ。ジーンズや脚を組むなどの動作で刺激され、色素沈着しやすくなります。

せっかくスカートをはいても膝が黒ずんでいるとマイナス印象。黒ずみを解消するためには保湿が効果的です。保湿クリームをこまめに塗って肌のターンオーバーのリズムを整えましょう。日々の保湿ケアを十分に行うことが、恋愛に強い膝になるポイントです。

男性は比較的見た目で女性を選ぶ傾向があります。内面を磨くことももちろん重要ですが、まずは外見を磨いて恋愛のきっかけを逃さないようにしましょう。特に脚は自分が思っているよりも見られています。黒ずみ膝に注意して保湿ケアを欠かさないようにしたいところです。

女子力アップはどこから取り組めばよい?膝の黒ずみ対策の秘訣

女子力を鍛えるなら「見た目」から。どうしても顔を中心に考える場合が多く、見落とされがちな脚ですが、膝の黒ずみには要注意。

女子力アップはどこから取り組めばよい?膝の黒ずみ対策の秘訣

意外と見られているので保湿などのケアを欠かさないようにしましょう。

「女子力が高い」というとどんな女性が思い浮かびますか?モテるために欠かせないと言われる女子力アップ。「私って女子力低いなぁ」と思った時には具体的にどうすれば良いのでしょうか。

女子力は「見た目」と「内面」に分けられる

「女子力とは何か」と男性に聞くとこんな答えが返ってきたという調査があります。

・男を惹きつける力
・自己演出力
・美への向上心
・色気や品格
・優しさや母性などの性格
・気が利くこと
・家事能力が高いこと
・充実していること

実に様々ですが、これらの答えはざっくり分けると「見た目」に関する部分と、「内面」に関する部分に分けることができます。「美への向上心」や「色気や品格」などはその女性の見た目によって判断されるところであり、「気が利くこと」や「性格」や「家事能力」は見た目ではわからない内面の部分です。

では、見た目と内面のどちらをまず磨くべきなのかというと「見た目」です。内面は近づいて話をしてみないことにはわかってもらえません。まずは話しやすい見た目を作ることが大切。そして、磨いた時に変化がすぐに期待できるのも見た目です。

膝が汚い女子はNG!黒ずみを除去して魅せ脚を作ろう

見た目の女子力を上げるというと「メイク術を身につける」「スキンケアを念入りにする」など顔部分に力を入れることが多いですが、意外と男性に見られている部分があります。それが「脚」です。

せっかく可愛いスカートを身につけていても膝が汚い女性はマイナスポイント。脚の中でも膝は乾燥しやすく年齢が出やすい部分なので、むしろ顔よりも念入りなケアが必要な部分なのです。

膝が黒ずむ原因は「乾燥」と「メラニン色素」にあります。摩擦をできるだけしないようにすることでメラニンの生成を抑え、保湿をすることで乾燥を防いで古い角質が排出されやすくなります。

内面の女子力を鍛えるにはどうすればよい?

見た目の部分を一通り整えたら内面に取り掛かりましょう。多くの男性は女子力とは最終的に「結婚するための能力」だと考えています。そのため、気遣いができる女性や、家事能力が高い女性は魅力的に映るようです。

また、輝いた生き方をして充実している女性に魅力を感じる男性も多く、自分に自信のない女性よりは、自分の考え方や生き方に自信を持って前向きにとらえることができる女性の方が女子力が高いと思われるようです。

女子力とは「結婚するための能力」であると多くの男性がとらえている以上、将来的に家事能力や気遣いなどの能力を磨いていくことは必要です。しかし、まずは変化を実感しやすい見た目から意識して変えていくようにしましょう。見た目を変えることで内側の変化にも気づいてもらいやすくなるかもしれません。

肌のケアに効果のある食べ物とは?黒ずみ改善に効果のあるものも!

食べ物はキレイの基本であり、ダイエット中だからといい加減なことをしてしまうと美容にとっては大ダメージです。

肌のケアに効果のある食べ物とは?黒ずみ改善に効果のあるものも!

腸内環境を整えることを中心に、バランスの良い食事を摂りましょう。肌のシミや黒ずみを改善するためにはビタミンCも効果的です。

いくら高価な評判の良い化粧品を使っても肌の調子が良くならない。そんな時は一度自分の食事を見直してみましょう。バランスの良い食事ができているでしょうか。

肌をキレイにするためには腸に良い食事が基本

便秘になっている時は肌トラブルも起きやすくなります。これは腸に便が滞留し、腐敗が進み有害物質やガスが発生しているから。これらは腸から血液中に溶けだして全身へ巡り、最終的に皮膚から排出されていきます。これが肌トラブルのもとなのです。

つまり、肌トラブルを防ぐためには不必要なものをできるだけ早く体外に出してしまうことが重要。そのためには腸内環境を整える食事が必要になるわけです。

肌に良い栄養素ベスト3「食物繊維」「タンパク質」「脂質」

食の欧米化が進んで栄養バランスが乱れがちな現代人の食生活ですが、腸内環境を整えて美肌になるためにまず意識すべき栄養素は「食物繊維」です。

肌に良い栄養素ベスト3「食物繊維」「タンパク質」「脂質」

 

食物繊維は腸内の汚れをまとめて体外に排出してくれる作用があります。主に野菜などに含まれる不溶性食物繊維と、こんにゃく海藻に含まれる水溶性食物繊維をバランスよく摂取することで便通が良くなり、腸内で有害物質が発生するのを防ぐことができます。

食事制限ダイエットなどでバランスの良い食事を怠ると肌がぼろぼろカサカサになることがあります。これは美しい肌を作り出すために必要なたんぱく質や脂質を過剰に抜いてしまっているから。肉や魚は太るから「食べない」のではなく「食べすぎない」だけでいいのです。

もちろん、この3つだけを摂取すれば良いというわけではありません。ビタミンやミネラルの含まれた基本的な食事にプラスこれらの栄養素を意識して摂り入れるようにしましょう。

黒ずみ改善には「ビタミンC」が有効に働く

肌の老け見えの原因になるシミや黒ずみ。食事によってこれらを改善するためにはビタミンCが不可欠です。ビタミンCは抗酸化作用があり、老化の原因である活性酸素を除去してくれるのでアンチエイジングにもおすすめ。

短期的な効果はあまり期待できませんが、継続して食事から摂り入れることで黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑えて美白効果が期待できます。

食事から摂取する場合は野菜や果物を意識して食べるようにしましょう。しかし、ビタミンCは調理過程によって壊れてしまうことも多いので、ビタミンC誘導体などが含まれる化粧品を取り入れることもおすすめです。

肌の調子を整え肌トラブルの起きにくい肌を作るためには「食物繊維」「タンパク質」「脂質」が重要。さらにシミや黒ずみを改善するには「ビタミンC」も意識して摂り入れると良いでしょう。

アンチエイジングを本気で考え始めたらすべきこと3つ!肌の黒ずみ改善で見た目年齢が若返る

アンチエイジングにおいて大切なのは「内側のケア」と「外側のケア」。食事やストレス対策などで体内の老化を食い止めて、保湿や美白ケアで肌のシミや黒ずみをブロックしましょう。

 

アンチエイジングは日本語で言うと「抗老化」と訳すことができます。歳を重ねるごとに体が衰退していくのを実感することがあるでしょう。もちろん、生き物である以上衰退する肉体を止めることはできません。しかし、老化のスピードを遅くすることはできるのです。

「日本食の良さを見直す」ことで内側から老化を食い止める

アンチエイジングというと化粧品などで行うイメージがありますが、体の内側から老化のスピードを遅くすることが重要。化粧品などの表面上のケアだけでは不十分です。

「日本食の良さを見直す」ことで内側から老化を食い止める

日本食はもともと「玄米菜食」と言い、野菜中心の栄養バランスの良さが魅力。海外からも日本食はヘルシーで身体に良いということで注目されています。

特に「ま・ご・は・や・さ・し・い」という日本食によく取り入れられる低カロリーで栄養価の高い食材の頭文字でできた言葉は有名。

(豆類)
(ごま)
(わかめ、海藻類)
(野菜)
(魚)
(しいたけ、きのこ類)
(いも類)

これらの食材はエイジングケアにも効果的なので、積極的に摂り入れると良いでしょう。

「ストレスを溜めない」生活で活性酸素の発生を抑える

ストレスというのは様々な形で体の不調として現れます。それこそ重大な病気の引き金になることもあるのです。

アンチエイジングにとってもストレスは敵です。それは、ストレスによって体内に活性酸素が多く発生してしまうから。活性酸素は体内の老化を一気に進めてしまう物質なので、できるだけ発生させないようにすることが重要なのです。

人によってストレス解消法は違います。一般的には軽い運動や音楽などを聴いてリラックスすることでストレスを軽減することが可能だとされますが、特定の方法にこだわる必要はありません。自分に合った方法を見つけるのが最も良いアンチエイジングになります。

「肌のケアを見直す」ことで黒ずみをブロック

内側から老化を食い止めることと同時に、外側からのケアをしていきましょう。

「肌のケアを見直す」ことで黒ずみをブロック

特に肌は見た目年齢を大きく左右します。顔ももちろんですが、膝やひじなど露出する部分は黒ずみができやすいので日頃からのケアが重要になります。

・できるだけ摩擦を避ける
・美白化粧品を使う
・保湿を十分に行う

黒ずみは服の摩擦や炎症などの刺激によってメラニン色素が発生し、肌のターンオーバーが乱れることで、垢として排出されなかったメラニンが蓄積することで起こります。体を洗う際にもゴシゴシ洗うことは厳禁。美白化粧品を使うことで新たなメラニンの生成を抑え、保湿をこまめに行うことで乱れたターンオーバーのリズムを整えましょう。

肌は見た目年齢を左右する重要なポイント。内側のケアと並行してシミや黒ずみのない美しい肌を目指しましょう。

生理の時のかゆみやかぶれってどうしたらいい?繰り返す炎症はデリケートゾーン黒ずみの原因となる

生理中のかゆみは清潔を保つことで改善されることがほとんどですが、放っておくことでかぶれたりする肌の黒ずみの原因になることがあります。一度黒ずみができてしまうと元のキレイな肌を取り戻すのは難しくなるので、かゆみの段階で適切に対処しておく必要があります。

生理中に多い悩みの1つに...

「デリケートゾーンのかゆみ」

...があります。むずむず気になるけどどうしようもない部分。生理の不快感やかゆみで仕事や勉強にも集中できない場合の対処法をご紹介します。

デリケートゾーンに多い悩みの1つである「かゆみ」

生理時は「におい」や「ムレ」と同様に「かゆみ」に悩まされる女性が少なくありません。デリケートゾーンは体の中でも最も皮膚が薄い部分。顔の中で皮膚が薄いとされるまぶたよりも薄く、外部の刺激にかなり弱い部分なのです。

デリケートゾーンに多い女性悩みであるかゆみや黒ずみとは

デリケートゾーンのかゆみの大半はムレやおりもの、生理などが原因ですが、まれに感染症によって陰部にかゆみが現れることがあります。デリケートゾーンがただれたり、痛みを伴うかゆみが発生した場合はセルフ治療ではなく医療機関を受診しましょう。

生理ナプキンによるかぶれは放っておくと黒ずみの原因になる

かゆみが徐々にひどくなるとかぶれに発展することがあります。特に生理ナプキンを長時間付けたままにしておくとデリケートゾーンとナプキンがこすれて炎症を起こしてしまうので注意が必要です。

かぶれや炎症が起きると、その部分に色素沈着が発生し黒ずみの原因になります。黒ずみは一度出来てしまうと消し去ることが難しくなるので、まずは黒ずまないようにケアをすることが重要になります。デリケートゾーンの黒ずみは生理ナプキンによるかぶれの可能性もあることを理解しておきましょう。

黒ずみを避けるためにはできるだけ摩擦を起こさないようにするのがベスト。下着や洋服による摩擦や、ムダ毛のセルフ処理などでも色素沈着は進みます。過度な摩擦は避けるようにしましょう。

デリケートゾーンにかゆみが起きた時の対処法とは

かゆみを防ぐためには、まずは「清潔」にすることが大切です。お風呂に入った時にはしっかり洗い、清潔な下着を身につけましょう。その際にできるだけ通気性の良い綿素材の下着を身につけたほうがかゆみは起きにくくなります。また、長時間同じナプキンやパンティーライナーをつけているとむれやすくなりますし、細菌も繁殖してしまいます。こまめに取り換えるように心がけましょう。

かゆみが気になるようであれば、市販のデリケートゾーン専用のかゆみ止めを使用しましょう。ただし、肌の弱い人や妊娠中、アレルギーのある人は市販のものよりも医師に相談した上で薬を処方してもらった方が安心です。

生理中はデリケートゾーンに様々なトラブルが発生しやすい時期。かゆみやかぶれは放っておくと色素沈着して黒ずみにつながるので、デリケートゾーンをきれいに保つためにも摩擦をできるだけ避けて清潔に保つことが必要です。

適切な日焼け対処法とは?黒ずみを放置すると一気に年齢肌が加速する

日焼けを防ぐには日焼け止めを塗ればいいわけではありません。目から入る紫外線によっても日焼けが起こるので、サングラスをかけて紫外線を防ぎましょう。さらに、日焼け後は保湿と美白のケアを忘れないようにしましょう。

若い頃は日焼けをしても白い肌に戻っていたのに、だんだんと戻らなくなってきたという場合は老化が進んでいるサイン。日焼け予防と日焼け後の対処次第で今後の肌は大きく変わります。

日焼けが肌に与える影響とは?日焼け止めは年齢を重ねるほどに必要

シミやシワの原因になる紫外線。年齢を重ねるほどに現れやすくなる肌トラブルに対処するためには日焼けをできるだけ防ぐ必要があります。

また、紫外線は夏だけのものではありません。1年中降り注いでいるものなので、アンチエイジングを考えるなら年間通してのケアが大切。日焼け止めも朝だけ塗るのではなく、1日に数回塗るようにするとより効果的です。

目の日焼けが危険!全身を守るためにもサングラスは必要

毎日日焼け止めをしっかり塗っているという人でも、サングラスを毎日かけて生活しているという人は少ないでしょう。紫外線が影響を与えるのは肌だけではありません。実は目が紫外線にさらされることで肌も日焼けしやすくなるのです。

日焼けにおける紫外線対策をしておかないお肌が黒ずんでくる

紫外線が目に入ると、脳が「日差しが強いからメラニンを作って肌を守れ」という命令を全身に出します。せっかく日焼け止めを塗っても目を紫外線から守らなければ日焼けは防げないのです。

直接太陽から降り注ぐ紫外線を防ぐには、帽子やサンバイザーでも良いのですが、紫外線は様々な建物や地面に反射し、あらゆる角度から目に入ります。これを防ぐにはサングラスが有効。その際に「UVカット」できるサングラスでなければいけません。色がついているからと言って紫外線がカットできるとは限らないので買う際には気をつけて選びましょう。

日焼け後のケア次第で黒ずみレベルに大きな差が!

日焼け止めを塗るなどの予防も重要ですが、日焼け後に正しいケアをしないと肌が元通りの白さを取り戻すことができなくなる可能性があります。

年齢を重ねると肌のターンオーバーのリズムが乱れて、メラニンを含んだ角質が排出されずに肌表面にとどまってしまうことがあります。これがいわゆる肌の黒ずみ。黒ずみを改善するためには以下の2つのことを行う必要があります。

・肌のターンオーバーを正常化する
・美白化粧品を使う

肌に十分に保湿してターンオーバーを整えることで、肌表面にとどまったメラニン色素を古い角質と共に排出します。さらに、メラニン色素を作り出す工程を阻害する美白有効成分を含んだ美白化粧品を使うことで、さらにメラニンを生成して黒ずみが増えるのを防ぎます。

日焼け止めによる予防だけでなく、サングラスなどで目の日焼けも予防が必要。さらに、日焼け後の対処も重要です。「保湿」と「美白」に重点を置いたケアを心がけることで黒ずみのないきれいな肌を保ちましょう。

ストレスが引き起こす美容トラブル3つ「老化」「黒ずみ」「おっさん化」を防げ!

ストレスは日々の生活の中で常にさらされているもの。避けて通ることはできませんが、肌の老化や黒ずみなどの問題を悪化させないように適宜発散させる必要があります。

日々のストレス対策にどんなことをしていますか?様々な病気と密接に関係するストレスは、美容面にも大ダメージを与える厄介な問題。ストレスが美容に与える意外な影響についてご紹介します。

活性酸素が大量発生!?「老化」とストレスの関係

ストレスは「活性酸素」を増やすと言われます。活性酸素は強い酸化力を持つ物質で、体をサビさせてしまうので、体内で増えてしまうことで老化が進むのです。

私たちがさらされるストレスは「外的ストレス」と「内的ストレス」の2種類があります。紫外線や乾燥などの外的ストレスだけではなく、人間関係や疲労などの内的ストレスによっても血管収縮が起こり血流障害が起きるので大量の活性酸素が発生します。

活性酸素を作り出すストレスをすべて取り除くことは不可能ですが、抗酸化作用のある食事を心がけたり、抗酸化作用のある成分を含む化粧品を使うことで老化を緩やかにすることは可能です。

「黒ずみ」の原因にもストレスが関係していた

年齢を重ねるにつれて肌の黒ずみに悩む女性は少なくありません。実は、ストレスはこの黒ずみの原因でもあるのです。

ストレスを重ねるごとにあなたの肌が黒ずんでくるなんて!

肌は摩擦や炎症などの刺激を受けると、肌を守るためにメラニン色素を作り出します。本来であれば、このメラニン色素は肌のターンオーバーで垢として排出されるのですが、ターンオーバーする力が低下することで排出されずに肌表面に残ったままになってしまいます。これが「黒ずみ」です。

ストレスは肌のバリア機能を低下させます。外部の刺激から肌を守る力が弱くなるため、メラニン色素が多く作り出されるようになります。さらに、肌の乾燥が進むのでターンオーバーのリズムが乱れ、メラニンの排出を滞らせるのです。

ホルモンバランスを乱して「おっさん女子」になるかも?

ストレスは自律神経の働きを乱し、ホルモンバランスを崩します。ストレスを感じると抗ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。コルチゾールには男性ホルモンの分泌を増やす作用もあるので、男性ホルモンが増えます。

もともと女性にも男性ホルモンは存在しているのですが、ストレスによって男性ホルモンが異常に多くなってしまうのです。

男性ホルモンが増えると「おっさん化」が進みます。具体的にはヒゲが濃くなったり、肌が脂っぽくなったり、フェイスラインにニキビが増えたりという体の変化が起こります。おっさん女子にならないためには、ストレスを適宜発散して自律神経の働きを整える必要があるのです。

日々のストレスは、美容面においてもトラブルのきっかけとなります。ストレスを感じないように生活をするのは無理なので、ため込まずに発散するようにするしかありません。人によってストレスを解消する最適な方法が異なるので、自分なりのストレス発散方法を見つけておくようにしましょう。

美しく痩せるにはコツがいる!黒ずみ肌にならないダイエットの注意点

ダイエットで痩せることができても見た目がぼろぼろでは意味がありません。健康的に美しく痩せるためには「食べない」のではなく、「摂取したカロリーを消費する」ことを意識しましょう。

ダイエットは美しくなるためにするもののはずですが、なぜか美容面でトラブルが発生することがあります。美しく痩せるにはいくつかのコツがあるのです。

ダイエットによって肌がぼろぼろになってしまう原因

ダイエット中に意外と多い悩みが「肌荒れ」。頑張って痩せても、肌はボロボロで髪にツヤもない状態では、ダイエット成功とは到底言えません。

折角のダイエットで肌荒れや黒ずみを起こすなんて!

ダイエット中に肌荒れをする理由は、ずばり「タンパク質」や「脂質」が不足しているから。タンパク質や脂質は健康的な肌を維持するために必要不可欠な栄養素です。ダイエットというとまず食事制限から入る人が多いと思いますが、その時に肉や脂分を徹底的にカットしてしまうとタンパク質や脂質が不足してしまいます。

また、過度に食事制限をすることでビタミンやミネラルまで足りなくなってしまうと、ニキビができやすい環境になります。ダイエットで肌がぼろぼろになってしまうのは、肌にとって必要な栄養素が足りなくなるためなのです。

ダイエットの代償が「黒ずみ」!?大きすぎるダイエットの落とし穴

一時的な肌荒れであれば化粧品等でも対応できるかもしれませんが、ダイエットによる大きな落とし穴、それが肌の「黒ずみ」です。

黒ずみができる原因も基本的には栄養不足。肌のバリア機能を正常に保つために必要なビタミンやタンパク質が不足し、外部の刺激から肌を守る機能が低下すると、肌は乾燥して刺激に対して敏感になります。そんな状態で刺激を受けるとメラニン色素を過剰に発生させてしまい、さらに乾燥によってターンオーバーが正常に行われず色素沈着してしまうのです。

また、急激にダイエットしたことで皮膚がたるむと、たるんだ部分は体から「不要なもの」としてみなされて、色素沈着が起こりやすくなります。緩やかに体重を落とすことも黒ずみを引き起こさないコツの1つです。

美しく痩せるためには運動と食事のバランスが大切

黒ずみや肌荒れを起こさず美しく痩せるためには「食事」と「運動」のバランスが重要になります。摂取するカロリーを控えることも意識するべきですが、摂取したカロリーを体に残さないことも同じくらい意識すべきことです。300キロカロリー分の食事を摂らないのではなく、150キロカロリー食べて、150キロカロリー運動で消費すれば良いのです。

一番問題なのは「食べない」こと。一時的に体重が落ちても体が飢餓状態になり、ちょっとした食事でも栄養を取り込もうとしてしまうので、リバウンドの可能性も高くなります。

透明感のある肌は若さの象徴であり、老けて見られないためには維持しておきたいポイント。美しくなるために行うダイエットで「黒ずみ」という代償を得ることがないように、食事と運動のバランスには注意しましょう。

疲労は黒ずみに現れる!老けて見られないために目の周りに注意して

近年、寝ても取れない「慢性疲労」に悩まされている人が増加中。疲労は体の内部だけでなく、肌などの外から見える部分にも大きな影響を与えます。寝る前にできる簡単な3つの習慣で疲れ知らずの体を作りましょう。

近年、「疲労の質」が変わってきています。寝ても取れない疲れを感じるという人は「ただの疲れ」ではない可能性があります。疲れが日々の生活に与える影響は想像以上に大きなもの。疲れを甘く見てはいけません。

たかが疲労?されど疲労!日々の疲れが身体に与える影響とは?

以前は、疲れというと「寝ればとれるもの」だったのですが、最近はどうもそうではないようです。

1985年に行われた国民意識調査によると疲労感がある人は66%。しかし、そのうちの約7割は「一晩寝れば疲れが取れる」と答えていました。一方、2004年に行われた調査では同じく疲労感を自覚している人は約6割であるのに対して、そのうちの半数は寝ても取れない慢性疲労に悩まされていると回答しています。

慢性疲労による日々の疲れこそ目元のクマや黒ずみを生む可能性が!

このように「寝ればとれるもの」ではなくなっている疲労は、作業能力の低下、判断力や記憶力の低下などを招きます。仕事や家事、育児に追われる生活の中でこれらの問題が発生すると大きな問題です。

疲れると目の周りが黒ずむ!?目の下のクマと黒ずみの最悪タッグ

さらに疲労は美容面でも大きな影響を与えます。よく、疲れたり睡眠不足だと目の下にクマができると言われますが、これは血行不良によって発生します。目の下は皮膚が薄いところなので疲れなどで血行不良が起こるとクマとして現れるのです。

さらに、疲労によって肌のバリア機能が低下し、肌の乾燥が進むとクマとは違う「黒ずみ」が現れることもあります。外部の刺激によりメラニン色素が過剰に発生し、肌が乾燥することでターンオーバーがうまく行われないと色素沈着し、肌が黒ずんでしまうのです。

この黒ずみとクマが合わさると、不健康そうな明らかに「疲れた顔」になってしまいます。健康的な透明感のある肌を保つことが若く見られる秘訣です。

疲労回復に効果あり!身につけたい習慣3つ

疲労感は日々の生活の中で必ず感じるもの。特に仕事や人間関係において疲れを感じる場面は誰しもあるでしょう。しかし、慢性疲労にならないためには、ため込まずに早く回復させることが大切。疲労を早く回復するために身につけたい習慣は以下の3つです。

・寝る2~3時間前までに入浴する
・部屋の電気はできるだけ暗くする
・寝る前のスマホをやめる

この3つは全て良質な睡眠を得るためのものです。睡眠時間を十分とれないという人でも良質な睡眠をとることで一定の疲労回復が見込めるので、疲れがなかなか取れないという人はぜひ実践してみましょう。

疲労を甘く見てはいけません。「その日の疲れはその日のうちに回復」するのが基本。疲れをためると美容面でもクマや黒ずみなどの大ダメージにつがなります。寝る前の3つの習慣を身につけて質の良い睡眠を心がけましょう。

乾燥肌対策と意外な保湿剤の活用方法

乾燥肌の原因と保湿方法についてお話しします。また、お肌のトラブルの解消に使用できて、さらに革製品や木製品のつや出しにも使えるニベアについてご説明します。

乾燥肌には様々な原因があります。その原因についてご説明し、乾燥肌やお肌の黒ずみの解消に活用できるニベアについてご紹介します。さらにニベアはお肌だけではなく、革製品や木製品のつや出しに使用することができます。その使用方法についても解説します。

正しい保湿ケアで肌を痛めないようにしよう

空気の乾燥だけではない乾燥肌の原因

お肌の乾燥に悩まされている人は、年齢、性別問わず多いことでしょう。乾燥肌になる原因には、様々なものがあります。代表的な原因が空気の乾燥です。空気の乾燥により、肌の水分が奪われてお肌が乾燥してしまいます。

その他の原因としては、紫外線、加齢、間違った洗顔方法、ストレスなどがあげられます。まずは、乾燥肌の原因を排除することが重要ですが、それでも乾燥してしまう場合には、しっかりと保湿をする必要があります。

sugimoto

乾燥肌対策はまずはゴシゴシ洗わないこと

保湿する以前に大切なことは、まずは乾燥させないことです。汚れを落とすために顔や全身をゴシゴシ洗ってしまうと傷つけてしまうので、やさしく手の平で洗いましょう。その際に熱いお湯を使うと皮脂が取り除かれてしまうので、ぬるめのお湯がおすすめです。特に顔はぬるま湯を使いましょう。

乾燥肌の方はお肌を傷をつけないように優しく丁寧に洗いましょう

空気の乾燥によるお肌の乾燥を防ぐためには、加湿器を使用しましょう。その他、日常的に飲んでいる緑茶やコーヒーなどに含まれるカフェインがお肌の代謝を落とす原因にもなるので、乾燥が酷い時には控えてみると良いでしょう。

保湿と言えば子どもから大人までニベア

お肌を乾燥させない工夫をしても乾燥してしまう場合には、保湿剤をお肌に塗りましょう。顔を含めた身体全体に使える保湿剤として有名なのはニベアです。ニベアにも様々な商品がありますが、昔から一家にひとつあるほど愛用されているのがニベアの青缶です。スクワランやホホバオイルが配合されていて、塗るととてもお肌がしっとりします。

ニベアは赤ちゃんからお年寄りまで、安心して使える保湿クリームです。比較的購入しやすい値段にもかかわらず、アメリカの高級クリームとほぼ同じ成分が入っていますので、その効果は期待できるでしょう。

鼻の黒ずみ対策にはニベアでパック

保湿に効果的なニベアですが、お肌の角栓や黒ずみを解消するために使用することもできます。ニベアとラップを使ったパックです。黒ずみが気になるところにたっぷりニベアを塗ってラップし、15分位したら洗い流すだけです。

適度の肌パックで保湿とうるおいのあるお肌を常に守っていきましょう

鼻など首から上の部分にパックをする場合は、パックしながら湯船に浸かると毛穴が開くので、さらに効果的です。ただし、パック専用のクリームとして作られておらず、油分が多いので、毎日行うと肌が脂っぽくなってしまう可能性があります。パックは週1回程度にしておきましょう。

革製品や木製品のつや出しにも使えるニベア

ニベアは保湿クリームですが、実はお肌の保湿とは全く関係ないことにも活用することができます。油分でできているため、ワックスとして使用することができます。例えば、布にニベアをつけて革製品を拭くとつやを出すことができます。

また、机や椅子などの木製品に塗りこんでもつやが出ます。さらには、フローリングの床を磨く時にも使用することができます。油分で汚れを落とし、そしてコーティングしてくれます。赤ちゃんやペットがいる家庭では身体に付着するのが心配でワックスが使えないことがありますが、ニベアなら安心して床を磨くことができます。

乾燥肌を防ぐためには、身体をゴシゴシと洗いすぎないことや、加湿器を使用したりカフェインを控えたりすると良いでしょう。それでも乾燥する場合には、ニベアなどで保湿する必要があります。

また、ニベアは保湿だけではなく、お肌の黒ずみの解消のほか、革製品や木製品のつや出しに使用することもできます。

ホワイトラグジュアリー

摂取するだけではなかった!塩の意外な黒ずみ解消方法とは!?

塩は摂取するだけではなく、お肌の黒ずみを取ったり、部屋のお清めをしたりするために使うことができます。塩の種類や活用方法について、詳しくお話しします。

塩には食塩と天然塩があり、製法がそれぞれ違います。塩分の摂りすぎは身体に悪いといわれますが本当に悪いのか、という点を解説していきます。また、塩はお肌の黒ずみを解消したり、お清めに使ったりすることもできます。塩の活用方法についても、詳しくお話ししていきます。

塩の意外な活用方法が発見された!

食塩と天然塩の違いはミネラルの量の違い

私たち人間に必要不可欠な塩ですが、実は塩にはいくつかの種類があります。大きく分けると食塩と天然塩に分けられます。一般的に使われているのは食塩です。化学的製法で作られた塩化ナトリウムが99%以上のもので、ミネラルが排除されています。

天然塩は化学処理を全くせずに、塩田などで昔ながらの製法で作られた塩です。塩化ナトリウムは80%程度で、ミネラルが多く含まれています。また、食塩と似たものに食卓塩があります。こちらは食卓において味付けをするためのもので、食塩と同じく塩化ナトリウムが99%以上です。そこにさらに旨み成分のグルタミン酸ナトリウムが配合されています。

塩分補給は人間に欠かせないもの

健康のために減塩をするようにといわれる一方で、夏になると熱中症予防のために塩分を取るようにといわれます。人間が生きていく上で、塩分を補給することは欠かせないものですが、果たして、塩は身体に良いのでしょうか、悪いのでしょうか。

塩分が身体に悪いといわれてしまう理由は、食塩を摂りすぎているからです。問題となるのは食塩の主な成分である塩化ナトリウムです。塩化ナトリウムは、高血圧など生活習慣病の原因になります。一方、塩化ナトリウムの含有量が少ない天然塩の摂取に関しては、身体に害を及ぼすことはありません。

塩のペーストでお肌の黒ずみをスッキリ

塩は摂取するだけではなく、お肌のケアに使うこともできます。塩を使って洗顔すると、お肌の黒ずみが取れます。塩にぬるま湯を少し加えてペースト状にしたものを顔にのせ、肌になじませます。

お塩の効果で毛穴汚れや肌の角質なども取り除ける

塩の粒が、毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれます。お肌になじませた後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。洗い流したままにしておくと乾燥するので、ニベアなどの保湿剤を使用して保湿をしておきましょう。なお、肌の弱い人は塩で強く擦りすぎると、肌を傷める原因になるので注意が必要です。

お清めと客寄せ効果がある盛り塩

塩はお清めのために使われることがあります。その代表的な場面が、お葬式から帰った後です。ケガレを家に持ち込まないために、家に入る前に塩を身体に振りかけて清めます。その他、場を清めるために盛り塩を部屋の中や玄関にすることもあります。

塩を振るトルコのおじさんが人気を呼んでいる

飲食店などの入り口に盛り塩があるのを見かけますが、それは、お清めの意味はもちろん、客を呼ぶためのものでもあります。古代の中国にて、牛車で旅している人を立ち寄らせるために、牛の好きな塩を玄関先に置いたことが客寄せのための盛り塩の由来です。

神聖な場所なので撒かれるお相撲の塩

相撲の取り組みの前には、両力士が土俵に塩を撒いています。もともと相撲は神事として行われていたので、神聖な場所を清めるという意味で塩を撒くようになりました。今では、力士の身体が傷ついた時の殺菌効果も期待して撒いているともいわれています。

力士が撒くための塩は、一場所で約650㎏以上も用意されます。しかし、三段目以下の力士は塩を撒くことができません。塩を撒けるということは、力士として格が上がった証となります。

食塩は化学製法で作られ、天然塩は化学処理をされていません。摂りすぎで問題になるのは、食塩の方です。また、塩のペーストでお肌の黒ずみを解消することができます。さらには盛り塩や相撲の取り組みでお清めとしても使われます。

女性が悩む肌のトラブルが絶えることはないのか?

「肌のトラブルは何?」と聞かれて、大抵上位にあがってくるのが「毛穴の開きや黒ずみ」「肌の乾燥」「シミ・そばかす」「目の下のクマ」「ニキビや吹き出物」等の、顔にあらわれるトラブルです。

女性の悩みに一番に挙げられる顔のシミや黒ずみは嫌なものですよね

やはり「顔」はいつでも誰かに見られている部分である為、トラブルに対しても過敏になっているといえるでしょう。

しかし女性の場合には、化粧品を利用する事で顔の悩みのいくらかは隠す事ができる為、実際に大きな悩みとして女性が抱えている問題の多くは、身体における肌トラブルである事が多いといわれています。

ここで「ムダ毛」や「ニキビ」等と同様に、上位にあげられるのが肌の黒ずみです。

肌が黒ずんでいると「遊んでいそう」とか「不潔に見える」等という心無い言葉も多く、誤った認識に心を痛めている人が多いといわれています。

そんな女性の悩みを解決すべく、黒ずみの原因と対策を解明していきたいと思います。

脇訴求

肌のサイクルを低下させてしまう黒ずみ原因とは?

どのようにして黒ずみに対するケアがいいのかわからなくて迷いますよね

人間の身体はとても繊細である為、些細な事でもトラブルが発生します。

黒ずみの起こるメカニズムにおいても、いくつか諸説があり、それぞれの要因が重なって起こっていると考えられている為、これらを1つずつ改善していく事で、症状を緩和していく事ができるでしょう。

(原因その1):紫外線や乾燥等の外的刺激が影響しています。

(原因その2):誤ったムダ毛の自己処理によるダメージが影響しています。

(原因その3):デリケートゾーンのように、衣類等の摩擦を受ける事が影響しています。

(原因その4):ニキビや虫刺され等の跡処理による色素沈着が影響しています。

※これらの要因に対し、肌は自らを守ろうとし「メラニン色素」を発生させます。

通常ならば肌のターンオーバーとともに、古くなった角質や汚れ等が剥がれ落ちるタイミングで、色素も薄くなっていきますが、何らかの要因によりこれらの機能が弱まると、表面にたまってしまう為、肌は次第に黒ずんでしまうのです。

肌の老化影響に歯止めをかける生活をしよう

自らの肌サイクルを知ることで今までのシミ・そばかすなど黒ずみとおさらばできる!

人間は常に新陳代謝を繰り返しながら、新しい細胞に生まれ変わっています。

肌も同様のサイクルを繰り返し、古くなった角質や汚れとともに、色素も薄くなり、肌は綺麗な状態に生まれ変わっています。

しかし、これらは身体が健全な状態を保てている場合において正常に機能するものである為、睡眠不足・栄養の偏り・ホルモンバランスの乱れ・過度なストレス・疲労・運動不足等の生活習慣の乱れによって、働きが弱まるといわれています。

また年齢による肌の老化も、更に影響を与えていると考えられます。

このように、身体本来の機能が低下すると、外から入る刺激に対して働く防衛反応が衰えてしまう為、肌は黒ずみ、ハリをなくし、みずみずしさが奪われ、美肌とは程遠い状態になってしまうのです。

一体どのような黒ずみ対策をしたらいいのか?

黒ずむメカニズムを理解することで解消される近道を得る

肌が黒ずむメカニズムについては、身体の内側からくる「内的要因」そして外から皮膚の表面に及ぼす「外的要因」の両方が影響している事がお分かりいただけた事でしょう。

ですから対策としては、まずは身体本来の正常な機能を取り戻す事が最も大切であるといえます。

(対策その1):しっかりとバランスの摂れた栄養を摂取する事です。(特にビタミン・ミネラルを欠かさない)

(対策その2):質の良い睡眠を心がけましょう。特に睡眠ホルモンが出やすい時間帯(22時~2時)は、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

睡眠の質が下がると、抗酸化作用や新陳代謝がうまく働かないといわれています。

(対策その3):適度な運動を心がけましょう。運動不足が生じると筋肉の働きが弱まり、次第に代謝の悪い体となってしまいます。

適度な運動で代謝をアップする事で、血行やリンパの流れを促進し、内部の機能を高めていきましょう。

(対策その4):肌は乾燥する事でダメージを受けやすくなります。適度な保湿を行い、本来の機能を取り戻しましょう。

(対策その5):紫外線を過度に浴びないように、しっかりと対策を施しましょう。

(対策その6):ムダ毛の自己処理・衣類等の摩擦によるダメージを受けないように気を付けましょう。肌の弱い部分が擦れる事で、色素沈着を悪化させないように注意していきましょう。

(対策その7):黒ずみ対策化粧品で、しっかりと毎日のケアを行いましょう。

※以上のような対策を実行し、少しでも早く悩みが解決されるといいですね。

黒ずみ対策の化粧品でしっかり自宅ケアをしてみましょう

手軽で購入できる黒ずみ商品で貴女なりのケアをはじめてみませんか

肌に残った色素沈着ですが、本来肌が正常なサイクルを繰り返せば、どんどん色素は薄くなっていきます。

しかし、機能の低下とともに黒ずみが酷くなった場合には、何もしなければ、解決する事は難しいといえるでしょう。

インターネットから手軽に購入できる「黒ずみ対策化粧品」ですが、話題の「ホスピピュア」「イビサクリーム」「ホスピピュア」「ピーチローズ」等、種類も豊富です。

自分に合った商品を選び、まずはケアを毎日続けていきましょう。

しばらく立つ頃には「黒ずみが薄くなった」「試してよかった」「悩みが解決できた」等、嬉しいお便りがたくさん届くかもしれませんね。

薬用アットベリー