サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

お肌の正しい黒ずみケアで解消したら透き通る美白肌で蘇ろう

こんにちわ。
『サラズミ』を運営している 皿墨 美咲(さらずみ みさき)です。
私も学生時代から、脇やデリケートゾーンの黒ずみにはかなり悩まされたひとりです。

このような悩みは、友人には言えませんでした!

そんな女性にとって美肌とは、美しさの象徴として、とても価値のあるものです。

しかし実際は、多くの肌トラブルに悩まされているのが現状です。

身体のあちこちに見られる黒ずみは、その悩みの中でも上位にあげられています。

女性が悩む肌のトラブルが絶えることはないのか?

「肌のトラブルは何?」と聞かれて、大抵上位にあがってくるのが「毛穴の開きや黒ずみ」「肌の乾燥」「シミ・そばかす」「目の下のクマ」「ニキビや吹き出物」等の、顔にあらわれるトラブルです。

やはり「顔」はいつでも誰かに見られている部分である為、トラブルに対しても過敏になっているといえるでしょう。

しかし女性の場合には、化粧品を利用する事で顔の悩みのいくらかは隠す事ができる為、実際に大きな悩みとして女性が抱えている問題の多くは、身体における肌トラブルである事が多いといわれています。

ここで「ムダ毛」や「ニキビ」等と同様に、上位にあげられるのが肌の黒ずみです。

肌が黒ずんでいると「遊んでいそう」とか「不潔に見える」等という心無い言葉も多く、誤った認識に心を痛めている人が多いといわれています。

そんな女性の悩みを解決すべく、黒ずみの原因と対策を解明していきたいと思います。

肌のサイクルを低下させてしまう黒ずみ原因とは?

人間の身体はとても繊細である為、些細な事でもトラブルが発生します。

黒ずみの起こるメカニズムにおいても、いくつか諸説があり、それぞれの要因が重なって起こっていると考えられている為、これらを1つずつ改善していく事で、症状を緩和していく事ができるでしょう。

(原因その1):紫外線や乾燥等の外的刺激が影響しています。

(原因その2):誤ったムダ毛の自己処理によるダメージが影響しています。

(原因その3):デリケートゾーンのように、衣類等の摩擦を受ける事が影響しています。

(原因その4):ニキビや虫刺され等の跡処理による色素沈着が影響しています。

※これらの要因に対し、肌は自らを守ろうとし「メラニン色素」を発生させます。

通常ならば肌のターンオーバーとともに、古くなった角質や汚れ等が剥がれ落ちるタイミングで、色素も薄くなっていきますが、何らかの要因によりこれらの機能が弱まると、表面にたまってしまう為、肌は次第に黒ずんでしまうのです。

肌の老化影響に歯止めをかける生活をしよう

人間は常に新陳代謝を繰り返しながら、新しい細胞に生まれ変わっています。

肌も同様のサイクルを繰り返し、古くなった角質や汚れとともに、色素も薄くなり、肌は綺麗な状態に生まれ変わっています。

しかし、これらは身体が健全な状態を保てている場合において正常に機能するものである為、睡眠不足・栄養の偏り・ホルモンバランスの乱れ・過度なストレス・疲労・運動不足等の生活習慣の乱れによって、働きが弱まるといわれています。

また年齢による肌の老化も、更に影響を与えていると考えられます。

このように、身体本来の機能が低下すると、外から入る刺激に対して働く防衛反応が衰えてしまう為、肌は黒ずみ、ハリをなくし、みずみずしさが奪われ、美肌とは程遠い状態になってしまうのです。

一体どのような黒ずみ対策をしたらいいのか?

肌が黒ずむメカニズムについては、身体の内側からくる「内的要因」そして外から皮膚の表面に及ぼす「外的要因」の両方が影響している事がお分かりいただけた事でしょう。

ですから対策としては、まずは身体本来の正常な機能を取り戻す事が最も大切であるといえます。

(対策その1):しっかりとバランスの摂れた栄養を摂取する事です。(特にビタミン・ミネラルを欠かさない)

(対策その2):質の良い睡眠を心がけましょう。特に睡眠ホルモンが出やすい時間帯(22時~2時)は、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

睡眠の質が下がると、抗酸化作用や新陳代謝がうまく働かないといわれています。

(対策その3):適度な運動を心がけましょう。運動不足が生じると筋肉の働きが弱まり、次第に代謝の悪い体となってしまいます。

適度な運動で代謝をアップする事で、血行やリンパの流れを促進し、内部の機能を高めていきましょう。

(対策その4):肌は乾燥する事でダメージを受けやすくなります。適度な保湿を行い、本来の機能を取り戻しましょう。

(対策その5):紫外線を過度に浴びないように、しっかりと対策を施しましょう。

(対策その6):ムダ毛の自己処理・衣類等の摩擦によるダメージを受けないように気を付けましょう。肌の弱い部分が擦れる事で、色素沈着を悪化させないように注意していきましょう。

(対策その7):黒ずみ対策化粧品で、しっかりと毎日のケアを行いましょう。

※以上のような対策を実行し、少しでも早く悩みが解決されるといいですね。

黒ずみ対策の化粧品でしっかり自宅ケアをしてみましょう

肌に残った色素沈着ですが、本来肌が正常なサイクルを繰り返せば、どんどん色素は薄くなっていきます。

しかし、機能の低下とともに黒ずみが酷くなった場合には、何もしなければ、解決する事は難しいといえるでしょう。

インターネットから手軽に購入できる「黒ずみ対策化粧品」ですが、話題の「ホスピピュア」「イビサクリーム」「ホスピピュア」「ピーチローズ」等、種類も豊富です。

自分に合った商品を選び、まずはケアを毎日続けていきましょう。

しばらく立つ頃には「黒ずみが薄くなった」「試してよかった」「悩みが解決できた」等、嬉しいお便りがたくさん届くかもしれませんね。