サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

お肌の正しい黒ずみケアで解消したら透き通る美白肌で蘇ろう

こんにちわ。
『サラズミ』を運営している 皿墨 美咲(さらずみ みさき)です。
私も学生時代から、脇やデリケートゾーンの黒ずみにはかなり悩まされたひとりです。

黒ずみの悩みは誰にも言えません!

このような黒ずんだ悩みは、友人には言えませんでした!

そんな女性にとって美肌とは、美しさの象徴として、とても価値のあるものです。

しかし実際は、多くの肌トラブルに悩まされているのが現状です。

身体のあちこちに見られる黒ずみは、その悩みの中でも上位にあげられています。

友達には相談できない!正しいデリケートゾーンの黒ずみケアって?

脇やデリケートゾーンの黒ずみケアの悩みは、なかなか友達同士でも相談がしづらいもの。。。

一人で悩んでいる女性は意外と多いんです。

そんな悩みを解消するために、お肌の黒ずみが起きるメカニズムと、黒ずみを改善させるスキンケアの方法についてご紹介。

正しい知識を身につけて、黒ずみとサヨナラしましょう!

黒ずみとは

黒ずみとは、体のある部分の皮膚が黒くくすんで見える状態のこと。黒ずみが起こりやすい場所には、顔の小鼻や頬、脇の下やビキニライン、デリケートゾーンやヒジ・ヒザなどがあります。

皮膚に黒ずみが起こる主な原因は次の4つ

皮膚に黒ずみが起こる主な原因は次の4つ

メラニン生成が引き起こす色素沈着

摩擦などの刺激から肌を保護するために、バリアの役目を持つメラニンが生成されます。この色素が肌に黒ずみを起こします。

毛穴に汚れや皮脂が詰まって酸化している

皮脂やメイク汚れなどが毛穴に詰まったまま酸化すると黒くプツプツとした黒ずみが発生します。

乾燥で角質が硬化している

乾燥で肌内部の水分が失われると角質が硬くなり、黒ずみの原因になります。

ターンオーバーの乱れ

ホルモンバランスの変化や加齢などで肌の生まれ変わり周期(ターンオーバー)が乱れると、黒ずみが起こることがあります。

>> 皮膚の糖化ストレスと光老化 - 日本抗加齢医学会

脇の黒ずみは露出が増える薄着の季節に特に気になる

脇の黒ずみには「くすみタイプ」「ブツブツタイプ」の2種類があります。

脇の黒ずみは露出が増える薄着の季節に特に気になる

くすみタイプの脇の黒ずみは、主にメラニン色素が沈着することによって起こります。
メラニンとは、肌を外部からの刺激から守るための防御本能として体内で生成される物質。

紫外線や摩擦、ムダ毛処理の際のカミソリなどの刺激が原因となってメラニンが生成され、その色素の影響で肌が黒ずむというしくみ。

また加齢やホルモンバランスの変化によってターンオーバーが乱れると、肌の古い角質層が剥がれ落ちず、黒ずみが起こります。

一方、ブツブツタイプの黒ずみは自己流のムダ毛処理で起きやすくなります。

カミソリやシェーバーなど、ムダ毛処理が肌への刺激となって黒ずみを引き起こすことはお話ししましたが、そのほかにも「埋没毛」を作りやすくなります。

埋没毛とは切れた毛が皮膚の中に入り込むもの。これがブツブツとした黒ずみに見えるのです。
ブツブツタイプのもう一つの原因が、制汗剤の使い過ぎ。

汗腺を塞ぐタイプの制汗剤は塗りすぎると皮脂と混ざり合って角質となり、毛穴の中に残ってしまいます。これがブツブツとした黒ずみの原因となるのです。

背中にできるブツブツ黒ずみはなにが原因でできるの?

背中の黒ずみの主な原因は、毛穴に角栓が詰まってしまうこと。

背中にできるブツブツ黒ずみはなにが原因でできるの?

角栓とは皮脂や肌の汚れなどが毛穴に詰まったまま固くなったもの。角栓の表面が酸化すると黒ずみになるのです。

顔の小鼻の周りにできやすいイメージの角栓ですが、実は背中にもできやすいのですね。
背中にも顔と同じように皮脂分泌の盛んなTゾーンがあります。

背中のTゾーンとは、両肩を結ぶ横のラインと背骨の縦ラインです。この部分は黒ずみを起こしやすいので丁寧にケアしましょう。

背中の黒ずみのもととなる皮脂や汚れは、背中の洗い残しが原因。

体を洗った時に背中までしっかりとすすいでいても、髪を洗った時のシャンプーやトリートメントが背中に残ってしまうことが良くあります。

皮脂の分泌は洗いすぎや乾燥によっても盛んになります。肌の潤いが失われると、皮脂を沢山分泌することによって肌から水分を逃さないようにするのです。

洗浄力の強すぎるボディーソープを使ったりゴシゴシと洗いすぎることが逆に背中の黒ずみの原因を作ってしまう場合もありますので注意しましょう。

実はほとんどの人に当てはまる股や足の付け根の黒ずみ

股の黒ずみはほとんどの人が該当するとも言われていますが、とはいえ水着になったり肌を露出する際には気になりますよね。

実はほとんどの人に当てはまる股や足の付け根の黒ずみ

股の黒ずみの原因には以下の点が考えられます

下着による摩擦

摩擦は黒ずみの大きな原因。股の黒ずみの場合には下着による摩擦によって引き起こされることが非常に多いのです。
ナイロン素材やタイトな下着を身に着けていると、ゴムや生地で圧迫されるため、肌が摩擦のダメージを受けやすくなります。
下着以外にもスキニータイプのボトムスなども股の黒ずみの原因になります。

脱毛による肌刺激や炎症

カミソリでアンダーヘアの処理をしている人は多いと思いますが、ムダ毛処理の際の肌刺激によって股部分に炎症が起きやすくなります。かゆみに耐えかねて掻いてしまうと更なる肌への刺激で色素沈着が起こることもあります。

股は蒸れやすく肌トラブルの起きやすい場所。脱毛以外でも、生理ナプキンを長時間取り換えなかったり毛に排泄物が付着したままになっていると雑菌が繁殖して炎症を起こす可能性がありますので注意しましょう。

妊娠や出産

ホルモンバランスの変化も股の黒ずみの原因。特に妊娠や出産期には女性ホルモンが急激に増えるため、股部分や乳首などに一時的に黒ずみが現れることが多いのです。

>> 気になるアンダーヘアの脱毛・除毛・お手入れ方法

ニキビが汚尻の原因に!おしりも意外と黒ずみやすい場所

「臀部」と呼ばれるおしりも、下着などの摩擦や乾燥による刺激で黒ずみが起きやすい場所です。

ニキビが汚尻の原因に!おしりも意外と黒ずみやすい場所

加えておしりは蒸れやすい場所でもあるためニキビができやすく、ニキビ跡が消えずに残ることで黒ずみとなるケースもあるのです。

おしりのニキビや黒ずみは見た目が悪いので避けたいものですよね。特にニキビはお肌のターンオーバーの乱れによって引き起こされるもの。

メラニン色素が溜まった古い角質は一定のサイクルで新しい白い肌へと生まれ変わるのですが、ホルモンバランスの乱れや下着の締め付けなどによる血行不良によって代謝が悪くなるとターンオーバー周期も乱れてしまいます。

これにより古い角質がはがれずに肌に残ってしまうのが肌あれの原因。

皮脂が古い角質と混ざり合って毛穴につまると炎症を起こし、ニキビができてしまうのです。
黒ずみの大きな原因は「刺激」ですが、ニキビなどの炎症はまさに強い刺激。

黒ずみおしりを招かないように、事前におしりのお肌をお手入れしたいですね。

ちなみに黒ずみしらずのおしりを作るにためには、保湿と美白、ニキビケアが大事。

ですが市販のスキンケア製品の場合には保湿・美白・スキンケアのすべてをカバーした製品はなかなか見つかりません。

通販の商品の中には美白や保湿もできる黒ずみケアの専用アイテムもありますので、目を向けてみると良いかもしれませんね。

>> お尻が汚い…。すべすべ“マシュマロ美尻”をつくるヒップケア3選

体の中でも特に皮膚のデリケートな陰部は黒ずみが起きやすい

陰部は体のほかの場所よりも皮膚が薄いため、摩擦や乾燥などの刺激を受けやすく、黒ずみやすい部位です。

体の中でも特に皮膚のデリケートな陰部は黒ずみが起きやすい

もちろん蒸れやすく炎症が起きやすいため、黒ずみのリスクがより高くなります。

さらに加齢や妊娠・出産によってホルモンバランスが変化し、ターンオーバーが乱れることも黒ずみ対策として考慮しておきたいものですね。

身に着ける下着は絹や木綿など肌に優しい素材にし、締め付けないサイズにするなどを心がけるとよいでしょう。

また生理中のナプキンで肌に炎症が起きやすい人は、布ナプキンを使うなどして、陰部の黒ずみを引き起こす刺激や摩擦を抑えるよう工夫しましょう。

陰部は蒸れやすいためニオイを気にしてゴシゴシと洗いすぎる人がいるかもしれませんが、これはニオイにも黒ずみにも逆効果。

洗いすぎは乾燥の原因となりますので、摩擦などの刺激を受けやすくなります。また陰部に存在する常在菌を洗い流してしまうと炎症やニオイなどが起きやすくなります。

>> デリケートゾーン(陰部)のかゆみの原因|くすりと健康の情報局

デリケートゾーンの黒ずみが起こるのはなぜ?その原因とは

デリケートゾーンの黒ずみの原因も、肌への摩擦や刺激、ホルモンバランスの乱れなどによるターンオーバーの乱れなどが主なものです。

デリケートゾーンの黒ずみが起こるのはなぜ?その原因とは

デリケートゾーンの中でも足の付け根を含んだVラインは特に下着のゴムによる締め付けが起こりやすい場所。また腰回りや股の下なども下着によって締め付けられたり摩擦が生じたりします。

そのためお肌が赤く跡になることもしばしば。こういった経験がある人は少なくないのではないでしょうか。

陰部やVラインといったデリケートゾーンは瞼の皮膚よりも薄いため、肌ダメージの影響が大きくなりがち。

下着以外に自転車を日常的に使用している人も注意が必要です。

自転車のサドルによって足の付け根に摩擦が生じることがあるからです。

毎日肌に刺激を受け続けるとデリケートゾーンに黒ずみが発生してしまうのです。

また下着や衣類でおおわれているデリケートゾーンは蒸れやすいためニオイが気になる場所でもあります。
だからといって入浴時に洗いすぎるのも摩擦によるダメージや洗いすぎによる乾燥の原因となります。

特にナイロン製のタオルでゴシゴシと洗うなんてもってのほか。。。

必要な常在菌まで洗い流してしまうので却って黒ずみやニオイが発生しやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみやニオイをケアしたい場合には、特に清潔さと保湿を心がけるのが大事。

必要以上に洗浄しすぎず、お肌の潤いを保ちましょう。

体のパーツによっても異なる!肌の黒ずみの原因とは

目立つ場所や目につきにくい場所などの違いはあれど、黒ずみの悩みは尽きませんよね。

体のパーツによっても異なる!肌の黒ずみの原因とは

ここでもう一度、黒ずみが発生しやすい箇所や原因をおさらいしてみましょう。

体の中でも特に黒ずみやすいのが、顔の小鼻や頬、脇、ヒジやヒザ、デリケートゾーンなど。

黒ずみの原因にはいくつかありますが、主なものは以下のとおりです。

メラニンが生成され、メラニン色素が皮膚に沈着すること

メラニンが生成される要因としては摩擦などの外的刺激から肌を守ろうとすることがひとつ。

そのほかには妊娠出産や加齢によるホルモンバランスの変化や、ターンオーバーの乱れで古い角質が蓄積することなどが挙げられます。

特に30代を過ぎると新陳代謝の衰えが目立つようになり、メラニン色素沈着による黒ずみが気になるようになります。

体のパーツとしては、脇やヒジ、ヒザやデリケートゾーンなどで起こりやすいパターンです。

毛穴の汚れや皮脂が角栓となり酸化する

皮脂と汚れが毛穴に詰まってしまい、酸化して黒ずみを発生させます。

汚れや皮脂を落としきれずに肌に残ってしまう場合もありますが、多くは過剰に洗浄しすぎることで引き起こされます。

肌を洗いすぎると、これ以上肌内の水分を失わないように皮脂がたくさん分泌されます。

顔の小鼻や脇の下の黒ずみの原因となりやすいケースです。

>> #デリケートゾーン黒ずみ - Twitter Search

ブツブツのイチゴ鼻や頬の黒ずみを洗顔で改善したい人はチェック!

顔の小鼻の黒ずみ「イチゴ鼻」が気になる人も多いはず。また頬も黒ずみやすい場所です。
小鼻や頬の黒ずみは皮脂や汚れが角栓となって毛穴に詰まり、酸化していることが多いのです。

ブツブツのイチゴ鼻や頬の黒ずみを洗顔で改善したい人はチェック!

このような黒ずみの対策としては角栓を除去することが大事ですが、ゴシゴシ洗顔すれば汚れが落ちるわけではありません。

黒ずみに悩んでいる場合に洗いすぎは禁物。洗浄力の高すぎる洗顔料を使いたくなるかもしれませんが、皮脂を落としすぎないようにやさしい洗浄力の洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔のポイントは「たっぷりの泡で肌をなでるように洗う」「ぬるま湯で洗う」こと。熱いお湯で洗顔するとお肌に必要な皮脂を流してしまうので注意が必要です。

また、ファンデーションなどのメイク汚れが毛穴に残っていることも黒ずみの原因になります。

仕事で疲れて帰宅した時にはメイクを落とすことも煩わしくなりますが、少しだけ頑張ってその日のうちにクレンジング洗顔をしてメイクを落とすように心がけましょう。

>> “いちご鼻”可能性チェック

顔用やデリケートゾーンを清潔にする黒ずみ対策専用の石鹸とは

黒ずみ対策には様々なアイテムが発売されていますが、肌を清潔に保つための石鹸を利用するのも一つの方法です。

顔用やデリケートゾーンを清潔にする黒ずみ対策専用の石鹸とは

黒ずみ専用石鹸には大きく分けて洗顔用とデリケートゾーン用があります。

洗顔用の黒ずみ対策石鹸を選ぶときには肌や毛穴に優しいことがポイント。また、泡立ちが良いことも大事です。

毛穴の汚れは肌の凹みに入り込んでいるため、泡の力で汚れを浮かせて落とすようにしましょう。

デリケートゾーン用の黒ずみ対策石鹸は、特に皮膚の薄い箇所に使用するため一般の石鹸よりも低刺激であることが考慮されています。

弱酸性で天然植物由来成分を使用していることも多いのが特徴。

肌を守る常在菌を残しながら、穏やかに汚れを落とすことで黒ずみへとアプローチします。

>> 毛穴におすすめな洗顔9選

お肌の黒ずみにサヨナラ!対策ケア方法をチェック

それでは黒ずみ対策ケアの重要ポイントをおさらいしましょう。

1.肌への刺激を抑える

メラニンの生成とメラニン色素の沈着が黒ずみの大きな原因。メラニン生成を促す肌への刺激を抑えることが黒ずみ対策の第一歩です。

以下に挙げる刺激を上手に抑えながらケアを行いましょう。

紫外線

肌に大きなダメージを与える紫外線は、メラニンを生成させる刺激になります。

お肌の黒ずみにサヨナラ!対策ケア方法をチェック(紫外線)

紫外線は老化のもととなる活性酸素を体内に発生させ、ターンオーバーの乱れや体内の酸化を誘発してしまいます。

紫外線を浴びることが角質が硬化したり毛穴が開く原因にもなるので要注意。

紫外線は夏の強い日射しの日だけでなく、冬の日や曇りの日にも降り注ぎます。

窓を透過してしまう場合もあるため、屋内でも日焼け止めを用いるように心がけ、外出時には帽子や日傘などで紫外線を防ぎましょう。

また紫外線を浴びた時にはしっかりとスキンケアをすることも大事です。

肌を洗浄しすぎる

強い洗浄力を持つ洗顔料やボディソープでゴシゴシ洗うのも禁物。
肌を乾燥させるばかりでなく、洗う際の摩擦が刺激となって黒ずみを引き起こします。

界面活性剤が使用されている商品は洗浄力が強すぎるため、肌への負担が大きくなります。
できるだけマイルドな洗浄力を持ち、肌に優しい洗顔料やボディソープを選ぶとよいでしょう。
また、顔や体を洗った後にはしっかり保湿ケアをすることも忘れずに。

身に着ける下着の素材やデザイン

体を締め付ける下着を日常的に身に着けていると、締め付けられた部分に黒ずみが起こりやすくなります。

お肌の黒ずみにサヨナラ!対策ケア方法をチェック(下着)

特に腰回りや足の付け根などは黒ずみやすい箇所ですので注意しましょう。

下着による肌への摩擦も黒ずみを引き起こす刺激になります。化繊は摩擦が起こりやすいため、シルクや木綿など、肌に優しい天然素材を選ぶのが黒ずみケアとしておすすめです。

ムダ毛処理

カミソリを使ったムダ毛処理も肌に負担をかける刺激。色素沈着を引き起こし黒ずみやすくなります。

ムダ毛処理をするときには肌に負担の少ない脱毛処理サロンなどを利用することがおすすめですが、自宅でムダ毛処理をする際の黒ずみケアとしては専用のシェービングクリームを使うように心がけましょう。

また、処理後は肌が刺激に弱くなっていますので、しっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。

>> 毛穴の黒ずみ解消方法。スキンケアや生活習慣で毛穴レスな美肌に!

黒ずみをケアしながら美肌に導くクリームで口コミ評判の高い商品は

ドラッグストアや薬局などで市販の黒ずみケア商品を探すのはなかなか難しいもの。
通販に目を向けてみると、黒ずみケアや美肌ケアに特化したクリームが多く発売されています。

デリケートゾーンなど、皮膚の薄い部分に使用することができるものがあるのもうれしいですね。

ハーバルラビット

顧客満足度98.2%を獲得した黒ずみ専用クリームのハーバルラビット

顧客満足度98.2%を獲得した黒ずみ専用クリームのハーバルラビット

メラニン色素を抑制する働きをもつ「水溶性プラセンタエキス」を配合しているほか、黒ずみケアには欠かせない潤い成分「トリプルヒアルロン酸」「トレハロース」がたっぷりと含まれています。

石油系の界面活性剤や着色料、シリコンなど、肌に刺激を与える成分を一切配合していないため、お肌に優しいのも特徴です。

女子力を引き出す野ばらの香りに癒されながら黒ずみケアができますよ。
美容クリームのようなラブリーなパッケージもテンションが上がります。

ハーバルラビットを詳しく見たい方はこちらへ

イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみにお悩みの人に高い支持を受けているのがイビサクリーム。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するイビサクリーム

特に皮膚が薄く刺激に弱い部分であるデリケートゾーン専用クリームとして開発されているため、デリケートゾーンや乳首などの黒ずみにも安心して使用できるのが特徴。

たっぷりと潤いを補う成分を配合しているほか、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいデリケートゾーンに対応し、抗菌成分も配合。

無香料で無着色、アルコールフリーと肌に優しいため、敏感なデリケートゾーンや乳首を常に清潔な状態に保つことができます。

もちろん脇の下やヒジ・ヒザの黒ずみケアもできますよ。

イビサクリームを詳しく見たい方はこちらへ

ホスピピュア

皮膚の専門家が在籍する湘南美容外科とメーカーの共同開発によって生まれた、乳首の黒ずみ専用クリームのホスピピュア!

ホスピピュアは湘南美容外科とメーカーの共同開発で誕生した

下着の摩擦や妊娠・出産、加齢によるホルモンバランスの変化を受けて肌のターンオーバーが乱れることにより引き起こされる乳首の黒ずみ。

デリケートな部分だけに、なかなか人に相談できず悩みを抱えている人も多いはずです。

スクワランとシアバターの高い保湿効果が肌の潤いをしっかりとキープ。

美白成分でアミノ酸の一種であるトラネキサム酸が黒ずみを作るメラニンを抑制します。

天然由来成分にこだわったホスピピュアは肌に優しいうえ、中身のクリームが酸化しないように工夫された容器にもこだわりが感じられます。

ホスピピュアを詳しく見たい方はこちらへ

内側から黒ずみ解消!食物の栄養成分から美肌を取り戻す方法

黒ずみを解消するための基本方法は下記の3つのケアです

・角質ケア
・保湿ケア
・美白ケア

クリームや石鹸などでお肌を直接ケアすることも有効ですが、食事の内容を工夫し、体の内側からケアをすることでさらに黒ずみ解消へとアプローチできます。

黒ずみ解消のために意識して食事から摂取したいのが以下の栄養素です。

たんぱく質

肌を構成する成分がたんぱく質です。人間の体はおよそ60%が水分で、20%がたんぱく質からできているといわれています。たんぱく質が不足すると新しい肌細胞を作り出すことができないため、積極的に取り入れましょう。

黒ずみ解消のために意識して食事から摂取したい

動物性たんぱく質を多く含む食材は豚肉や牛肉、鶏肉などの肉類、アサリなどの貝類や鮭などの魚類、牛乳やチーズなどの乳製品です。

植物性たんぱく質は豆類やイモ類のほか、米や小麦粉を使った食品から摂取できます。
たんぱく質はビタミンB群と一緒に摂取すると働きが高まります。

ビタミンB群

ビタミンB2を多く含む食材は納豆や卵、アーモンドや海苔、チーズ、ウナギやレバーなど。
ビタインB6を多く含む食材はマグロやカツオ、鶏ササミ、ニンニクやサツマイモなどです。

ビタミンA

肌のターンオーバーを促すビタミンAには、レチノールとカロチンの2種類が存在します。
レチノールを含む食材は牛肉、レバー、卵やチーズ、ウナギなど。
カロチンを多く含む食材はカボチャやホウレンソウ、ニンジンなどです。

ビタミンC

メラニン色素の増加を抑制し、酸化から肌を守るビタミンC。美肌のための栄養素としてよく知られています。

ビタミンCを多く含む食材には、レモンやイチゴ、ゆず、キウイなどの果物類や、ブロッコリーやパセリ、芽キャベツや赤ピーマンなどの野菜があります。

>> お肌のくすみ、黒ずみを内側から改善! 透明感をアップする食べ物

黒ずみ対策の化粧品でしっかり自宅ケアをしてみましょう

手軽で購入できる黒ずみ商品で貴女なりのケアをはじめてみませんか

肌に残った色素沈着ですが、本来肌が正常なサイクルを繰り返せば、どんどん色素は薄くなっていきます。

しかし、機能の低下とともに黒ずみが酷くなった場合には、何もしなければ、解決する事は難しいといえるでしょう。

インターネットから手軽に購入できる「黒ずみ対策化粧品」ですが、話題の「ホスピピュア」「イビサクリーム」「ホスピピュア」「ピーチローズ」等、種類も豊富です。

自分に合った商品を選び、まずはケアを毎日続けていきましょう。

しばらく立つ頃には「黒ずみが薄くなった」「試してよかった」「悩みが解決できた」等、嬉しいお便りがたくさん届くかもしれませんね。

薬用アットベリー