サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

おしりの黒ずみを予防する為の生活

お尻は体の部分でも特に下着や洋服の摩擦を受けやすいパーツであり、また日常生活の中で座っているだけでも座った時の圧力によりお尻が刺激を受けてしまうので、防御反応でメラニンが生成されて色素沈着が発生するため、黒ずみやすくなってしまいます。見えにくい部分ですが、黒ずみがあるとお尻が不衛生に見られてしまうので、黒ずみができないように予防して、正しいスキンケアを行っていきましょう。

お尻への刺激を減らした黒ずみ予防

お尻の黒ずみ予防には、お尻にできるだけ刺激を与えないこと、そして毎日しっかりと保湿ケアを行うことが大切です。
女性はガードルなど締め付けのきつい下着を着用したり、ナイロン製の下着を身に付けることがありますが、するとおしりは摩擦を受けてしまうので汗や皮脂で汚れやすくなります。摩擦黒皮症と呼ばれる色素沈着が起こり、シミが深い部分にできて黒ずみが定着してしまう恐れがあります。

着用する下着はできるだけ肌触りのよい天然素材のものを選ぶなど工夫して、ムレを防ぐためにも通気性のよい下着や洋服を選び、なるべく摩擦による刺激を避けるようにしましょう。そして、おしりを毎日清潔に洗った後には、おりし専用のケア化粧品など使用してクリームやジェルでの保湿を忘れずにケアしてください。おしり専用のアイテムがない場合には、普段使用している美白成分の化粧品や、美白効果のあるボディークリームなどを使ってもメラニン色素を少しずつ減らすことができるので、お尻の黒ずみに効果的です。保湿は摩擦や圧迫などの黒ずみをつくる原因にも効果があると言われており重要視されています。

女性ホルモンバランスの変化によるおしりの黒ずみ

女性は妊娠や出産や生理などが起こるので、女性ホルモンのバランスに乱れや変化が現れます。するとホルモンバランスの変化が原因となり、おしりに黒ずみが発生してしまう場合があります。妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れでしたら産後時間の経過とともに解消されていきますが、定期的にくる生理の時には、生理前に美肌を作るエストロゲンという成分が減少するためお肌がざらつき黒ずみやすくなってしまいます。

また最近では、ストレスを抱えた女性が増加しているので、ホルモンバランス自体を崩す女性が多くなっています。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうとが生理不順が起こり体は色素沈着しやすい状態となってしまいます。女性ホルモンのバランスに注意した生活を過ごすことも、お尻の黒ずみ予防へと繋がっております。

ストレスを抱えた女性は生理不順になりやすいので、日頃から自分なりのストレス解消方法を見つけておくとよいでしょう。また、早寝早起きや、3食の食事のバランスにも注意しながら生活しているとホルモンバランスが整います。

お尻は目に見えず楽、他人に見られることもあまりないですが、お尻にも気を遣いお手入れができている女性は、とても清潔かんのある素敵な女性と言えるでしょう。毎日のお尻のケアを気遣いながら、黒ずみのないお尻を維持し続けましょう。

以上、おしりの黒ずみを予防する為の生活...でした。

黒ずみおしりはサラズミでおさらばしよう!

 - 部位一覧