サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

お尻の黒ずみとざらつきはゴシゴシこすることが原因なの?

お風呂に入る際にあかすりなどでゴシゴシ擦ると摩擦によりシミができるので注意しましょう。色素沈着は下着による摩擦が原因で対策は綿などの天然素材のモノを選ぶことです。ニキビ跡対策としては洗髪後に体を洗うこと敏感肌の人は洗剤などにも注意する必要があります。

若い方でも関係なく現れるざらついた黒ずみ

お尻が黒ずみ、ざらつきの原因を紹介お尻の黒ずみ、ざらつきは世代に問わずできてしまうモノです。10代、20代の若い人でも30代以降の人でもお尻の黒ずみ、ざらつきはできてしまうので、きちんと対策して予防することが大切と言えます。

その上黒ずみができてしまった場合にお尻は他のパーツと比較して悪化しやすいと言えます。

その訳はお尻は自分では確認しにくい場所だからなかなか気がつくことができず早めの対応ができないからと言えます。お尻の黒ずみ、ザラつきの原因として挙げることができるのが下着、衣類と皮膚が摩擦すること、肌の乾燥、ニキビ跡、長時間同じ姿勢で座っている事です。

肌のケアの第一歩としてはじめる保湿ケア

お尻の黒ずみ、ザラつきの原因である乾燥の対策お尻の肌は顔の肌と同様に乾燥、摩擦による刺激を受けたら、肌の角質層は分厚くなってしまいます。

そして角質が厚くなることで肌が黒ずんでしまうのです。だからそれを改善、予防する為にはお尻の肌をしっかりと保湿することが重要と言えます。体のどのパーツでも肌のケアの第一歩は保湿と言うことができます。

お尻は顔と違って保湿ケアを怠りがちな人が多いと言えますが、黒ずみやザラつきが気になる人はしっかりと保湿をして肌に潤いを与えてください。乾燥し角質が分厚くならない為にお尻も保湿を行いましょう。

厚い角質を除去する為にスクラブで角質を落とす人も少なくありません。しかし固いスクラブだと摩擦によりシミができてしまうので、あまりゴシゴシ擦るのは注意が必要です。

天然素材のシルクのような優しい肌触りがある下着選びをする

お尻の黒ずみ、ザラつきの原因である色素が沈着の対策摩擦による刺激でお尻にメラニン色素が作られます。そしてメラニンが生成されると肌のザラつき、色素が沈着してシミができてしまうのです。

お肌の刺激として真っ先に挙げることができるのがお尻に直接触れている下着と言えます。さらに長時間のデスクワークもお尻の肌に刺激を与える結果になります。

また入浴の際に肌をゴシゴシ擦るのも色素沈着により深い部分にシミができてしまいます。そして悪化すると改善するのに時間がかかることになります。だからお尻への刺激をできる限り減らすことが大切です。

肌の刺激を減少する為の対策としては下着は肌に優しい素材を選ぶことがポイントです。化学繊維は敏感肌の人にとっては肌にダメージを与えますし、肌が弱い人の場合は綿やシルクといった天然の素材でできた下着を選ぶことをお勧めします。

さらにデスクワークの人は時々歩くことで長時間座り続ける事を避けてください。

洗髪を終えてから身体全体を洗うようにする

お尻の黒ずみ、ザラつきの原因であるニキビ跡の対策ニキビといった炎症が起こるとお尻に色素が沈着する恐れがあります。

ニキビだけではなく、引っかき傷や脱毛処理の際の傷や被れも同様に黒ずみやザラつきの原因と言えます。肌が被れた場合は使用しているシャンプー、リンス、ボディソープ等に原因があるケースが多いと言えます。

入浴する際には必ず洗髪をしてから体を洗って下さい。髪の毛を先に洗うとシャンプー、リンスなどの刺激物がお尻に残ることはありません。

ボディーソープ、石鹸もきちんと流しておかないと黒ずみやザラつきの原因となってしまいます。さらに肌が敏感な人は下着を洗濯する洗剤、柔軟剤に含まれる化学物質がかぶれの原因になっている可能性もあります。

下着を履いていて痒みや刺激がある場合は下着を天然素材のモノにする、使用する洗剤を洗濯石鹸にして柔軟剤は使用しないようにするといった対策をするといいでしょう。

お尻のざらついた黒ずみにはサラズミ

 - 部位一覧