サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

小鼻の黒ずみ解消!自分できる角栓ケアの方法とは

古くなった角質や皮脂汚れの角栓ができる原因

角栓は、毛穴に皮脂や汚れ、古くなって剥がれ落ちた角質などが詰まってできます。肌は毎日ターンオーバーを繰り返して新しい細胞へと生まれ変わっていくので、古くなった角質や皮脂汚れを毛穴に詰まらせないようにするには、毎日のクレンジングや洗顔をしっかりと行うことが大切です。

毎日の洗顔やクレンジングで落としきれない汚れが毛穴に詰まり、詰まった角栓が酸化すると小鼻の黒ずみの原因となります。

黒く酸化してしまうと角栓自体がかなり大きくなってもいるので、なかなか取り除くことも難しくなってしまいます。酸化してしまうまで放置せず、毎日のスキンケアでしっかりと汚れを取り除くように心がけましょう。

自分で角栓を取り除くにはオリーブオイルが最適

できてしまった黒ずみ角栓を自宅でケアする方法があります。毛穴パックなどで無理やり取り出す方法とは異なり、肌に負担を与えることなくきれいにケアをすることができます。

まず、ケアを行う前に毛穴を開きやすくしておくことが大切です。毛穴が閉じているままだと奥までしっかりと汚れを取り除くことができないので、効果が半減してしまいます。

蒸しタオルを小鼻に当てるなどして、毛穴を開きやすくし、肌をほぐしておきます。蒸しタオルでもあまり毛穴が開かない場合は、鼻にラップを当てて入浴する、という方法があります。角栓の気になる小鼻に小さく切ったラップを当て、そのまま入浴すると、徐々に毛穴が開いていきます。

毛穴が開いたら、オリーブオイルで優しく角栓が気になるところをマッサージしていきます。
オリーブオイルは毛穴に詰まった角栓を溶かし出してくれる効果があるので、肌に負担を与えることなくきれいに取り除くことができます。

お鼻の黒ずみにある角栓を作らないようにスキンケアを怠らない

オリーブオイルマッサージでしっかりと角栓を取り除いたら、たっぷりの泡で洗顔を行います。肌をこすらないように気をつけながら洗い、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。正しい洗顔を毎日行うことが角栓ケアでは最も大切なので、洗顔の方法を一度見直すことも効果的です。
洗顔の後は、化粧水や乳液でしっかりと潤いを補給します。肌が乾燥した状態が続くと、皮脂分泌地がさかんになり角栓ができやすくなってしまうので、潤いをたっぷりと与えるようにしましょう。肌の乾燥はくすみや黒ずみの原因ともなるので、毎日のスキンケアで意識をして保湿を心がけてください。

角栓ケアや毛穴ケアに効果的な保湿化粧品は、ビタミンC誘導体とセラミドを含むものです。

ビタミンC誘導体は角質が毛穴に詰まるのを防いでくれますし、セラミドは肌のハリと弾力をアップし、毛穴を引き締めてくれる効果があります。毛穴が大きく目立つようになってしまうのは、乾燥によるたるみやハリ不足が主な原因です。
毛穴を引き締めたい人は、まずしっかりと保湿を一番に行うようにすると効果的です。
オリーブオイルマッサージと正しい洗顔、そして保湿重視のスキンケアを毎日行うことで、角栓を作らないようにすることができます。

以上、小鼻の黒ずみ解消!自分できる角栓ケアの方法とは...でした。

小鼻の黒ずみケアはサラズミで!

 - 部位一覧