サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

最適な黒ずみ対策は洗い過ぎない洗顔をすることで肌の健康を保ち続けることである

そもそも黒ずみって洗顔で取れるのものなの?と思っている方、黒ずみ予防には洗顔は欠かせません。しかし、間違った洗顔法は逆効果、かえって黒ずみを悪化させてしまう原因にもなります。正しい洗顔こそが予防への第一歩、諦めずに黒ずみ対策していきましょう。

頑固な黒ずみこそ洗顔ケアが最もおすすめ

毛穴の黒ずみ原因は、角栓とメラニン色素毛穴に詰まった頑固な黒ずみ、この黒ずみって何なのかご存知でしょうか?これはは毛穴に詰まった「角栓」が原因で起こります。角栓は、古くなった角質や皮脂が混ざったもので、その成分は皮脂30%、タンパク質70%です。簡単に言うと、脂と垢が混ざったものです。

この角栓が毛穴に詰まって黒ずんで見えるだけでなく、空気にさらされると酸化して毛穴を刺激します。肌は刺激を受けると、防御機能が働きメラニン色素が分泌します。紫外線を受けると日に焼ける、あのメラニンですね。

同様に、角栓が酸化して毛穴が刺激を受けると、メラニン色素が分泌して毛穴が黒ずむ原因になるのです。つまり、毛穴にシミができるようなものですね。ゴシゴシ洗顔は黒ずみ悪化のもと黒ずみの原因が、角栓の詰まりと酸化によるメラニンだとわかりました。

原因がわかれば対策もできますね。毛穴に角栓を溜めないようにする、肌へ刺激を与えないようにメラニン対策する、の2点です。角栓の原因のひとつに、過剰な皮脂の分泌があります。

皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されますが、様々な理由で過剰分泌されると、毛穴が詰まって角栓ができます。皮脂の過剰分泌の原因のひとつに、肌の乾燥があります。黒ずみを気にするあまり、朝も夜もたっぷりの洗顔料でゴシゴシ洗いしていませんか。その洗いすぎは肌を乾燥させるだけでなく、刺激を与えメラニンの分泌にも繋がります。

黒ずみ汚れを落とすための洗いすぎが、黒ずみを悪化させる大きな原因になっているのです。ぬるま湯洗顔とその適温では、どのような洗顔が洗いすぎの予防になるのでしょう。皮脂が過剰分泌を繰り返すと、特にTゾーンはテカテカ状態になります。

ぬるめの水による洗顔がお肌に馴染む

そのため肌が乾燥していることに気が付かず、さらにゴシゴシ洗顔を繰り返してしまいがちです。まずは、肌がテカッていても、乾燥状態かもしれない可能性を疑ってみて下さい。そして、朝は洗顔料を使用せずに「ぬるま湯」での洗顔をおすすめします。この「ぬるま湯」の温度、「ぬるめのお湯」ではなく、「ぬるめの水」くらいの感覚だと思って下さい。

顔に触れた時に、体温より冷たく感じるくらいが「ぬるま湯」の適温なのです。洗顔は、熱すぎても冷たすぎても肌に刺激を与えます。肌にとっては、体温よりちょっと冷たく感じる程度の温度が一番刺激が少なく、そして洗顔料を使わなくても汚れが落ちる温度とされているのです。

洗顔時間は30秒から1分程度朝は洗顔料を使用しない「ぬるま湯洗顔」をおすすめしましたが、それでは夜はどうでしょう。夜はメイクや一日の汚れを落とさなければならないので、やはりクレンジングと洗顔料の使用を欠かすことはできません。

クレンジングの際のポイントはたっぷりの量で、肌を引っ張らないようにすることです。クレンジング剤の量が少ないと、それだけ肌への摩擦も多くなり刺激の原因になってしまいます。

たっぷりの量で、やさしく洗い上げることが大切なのです。洗顔料はネットなどでしっかりと泡立て、その後は洗い残しがないように、しっかりすすぎ流しましょう。

洗う時間が長いと肌への負担も大きくなるので、どちらも30秒から1分ほどを目処にして下さい。黒ずみの原因である角栓は、皮脂である脂と、古い角質のタンパク質です。毛穴ケアにはよく、オイルクレンジングや食用のオリーブオイルが推奨されていますが、黒ずみ原因である角栓の成分は脂だけではないので、それではタンパク質の汚れを取ることは難しいです。

タンパク質を分解する酵素洗顔が洗浄力を高める

酵素はタンパク質の一種で、脂肪とタンパク質を分解する働きがあります。そのため、毛穴の黒ずみ解消には「酵素洗顔料」が効果的だと言われています。酵素パワーで除去する..というわけですが、その反面、洗浄力も強く肌への負担も少なくありません。

肌への負担を考えると毎日ではなく、あくまでも毛穴ケアとして週に1回程度の使用がおすすめです。肌の健康はまず洗顔から黒ずみ原因の角栓は、肌が健康な状態であれば避けることは十分に可能です。肌の健康には保湿が欠かせませんが、悲しいかな潤い成分は年齢とともに減少していきます。それを防ぐため現在は、様々な美容成分の入った化粧品が多く出回っています。

そういった商品を使用するのも、もちろん肌の保湿予防になりますが、つけるだけが美容対策ではありません。洗顔はスキンケアの基本、正しい洗顔があってこそ、化粧水や美容液、クリームなどの効果を得ることができるのです。つまり、洗顔こそが肌の健康を保つ大切な第一歩と言えるのです。黒ずみが気になっている方は、もう一度自身の洗顔法を見直してみませんか。

以上、最適な黒ずみ対策は洗い過ぎない洗顔をすることで肌の健康を保ち続けることである...でした。

黒ずみのない洗顔ケアをするならサラズミ

 - 部位一覧