サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

知っておきたい!デリケートゾーンの黒ずみによる色素沈着3つの原因

デリケートゾーンの黒ずみの特徴としては日本人は欧米人と比べると基本的に色素沈着が起こりやすいと言えます。さらにデリケートゾーンは体の中でもメラニン活動が活発なので色素沈着が起こりやすいパーツと言えます。

肌質により黒ずみやすいかどうかが違ってきますが、日本人の大半が黒いと言えます。

ちなみにメラニン色素というのは遺伝、人種さらには年齢により違っていて、白人はメラニン活性が低く、黒人は高い、黄色人種は中間と言えます。なのでデリケートゾーンの黒ずみに対してあまり神経質にならないでじっくりと対策や改善の為をケアをしていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン

通常メラニンイコールシミの原因と思っている人が多いかもしれませんが、シミ限定ではなくデリケートゾーンの黒ずみの原因ともいえます。

メラニンができるメカニズムを簡単に説明すると肌が刺激を受けると肌が刺激から守る為にメラニン色素を生成するのでその結果肌の色が黒くなってしまいます。デリケートゾーンはメラニン細胞の活動が高いバーツなので黒くなりやすいのです。

さらにデリケートゾーンは加齢と共に黒くなると言うことができます。

加齢によるターンオーバーの乱れで発症する

ターンオーバーというのは肌の新陳代謝を意味し、表皮が新しく生まれ変わることを指します。大体28日間程で角化して角質細胞となり最終的にはフケ、垢となり剥がれ落ちていくといった代謝サイクルをターンオーバーと言います。

紫外線、摩擦といった外部刺激によってメラニンが作りだされますが、通常メラニン色素により黒ずんだ肌は時間の経過と共に徐々に元の色に戻っていきます。ですがくすみ、シミなどになって残ってしまう場合があります。

その理由は肌の新陳代謝の乱れ、加齢によるターンオーバーの低下により古い角質が剥がれ落ちずにメラニン色素が沈着した状態で残るので肌にシミ、黒ずみができるのです。要するターンオーバーが乱れてしまったことで黒ずみとなってしまいます。さらにターンオーバーが乱れると黒ずみの他にもくすみ、シワ、シミ、肌が硬くなる、乾燥などが見られるようになります。

月経不順などのホルモンバランスの乱れが黒ずみを引き起こす

ホルモンバランスの乱れがターンオーバーの乱れに繋がります。先ほど説明したようにターンオーバーが乱れるとデリケートゾーンに黒ずみができやすくなるので、ホルモンバランスの乱れがデリケートゾーンの黒ずみの原因と言うことができます。

黒ずみの他にも月経不順、体毛が濃くなる、冷え性、疲労などが起こりやすくなります。女性ホルモンはエストロゲン、プロゲストロンとに分類でき、2つの女性ホルモンの働きにより28日周期の月経サイクルが成立しています。

肌のターンオーバーを高める黒ずみ専用のクリームケアをする

デリケートゾーンの黒ずみはこれ以上黒くさせない様に予防することと美白ケアをすることが重要と言えます。

予防する方法は刺激をできるだけ取り除くことです。まず形や素材、大きさといった自分に適した下着を選ぶことが大切です。デリケートゾーンはほとんどずっと下着、衣類の刺激を受けるのでその点から改善してみて下さい。

さらに肌のターンオーバーを高め、美白ケアを行なうようにしましょう。美容外科でのレーザー治療でも黒ずみを改善することはできますが保険が適用されないから高額な治療となります。だから肌のターンオーバーを高める黒ずみ専用のクリームでケアすることをお勧めします。

メラニン色素沈着による黒ずみにはサラズミ

 - 部位一覧