サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

顔の黒ずみ対策としてのセルフケア

顔にポツポツとした黒ずみができてしまうと、鼻の部分の黒ずみは特に目立ってくるのでお化粧をしてもなかなか隠すことができずに悩んでしまう女性は多いのではないでしょうか。顔にできた黒ずみは、正しいスキンケアを実践していけば除去することができます。顔にできた黒ずみを何度も繰り返さないために、まず根本的な原因を追求し、セルフケアできる改善策をご紹介します。

毛穴に詰まった角栓による顔の黒ずみをなくしていくためには

顔の黒ずみの主な原因は、毛穴に角栓が多く詰まってしまうことです。例えば鼻に触れたときにザラザラしたように感じる場合には、毛穴に角栓が詰まっていることが分かります。
角栓とは古くなった角質と皮脂が混ざり合ったもので、毛穴に角栓が溜まるとどんどん毛穴が広がってしまいます。毛穴に詰まった角栓や汚れなどが空気にさらされると酸化していくので黒ずみが生じてしまいます。特に鼻は顔の部分でも皮脂が最も多い部位なので、余分な皮脂が溜まりやすく黒ずみが目立ちやすいと言えます。
角栓を除去して黒ずみを解消するためには、余分な皮脂や古い角質をしっかりと洗い落とすことが大切です。ただし、強力な刺激の強い洗顔料を使用してゴシゴシと力を入れながら洗顔してしまうと、皮脂の過剰分泌が増えてしまい余計に黒ずみができやすい肌質になるので優しくお肌を洗顔してください。また、肌の汚れを落とそうとして洗いすぎてしまうと肌が乾燥して毛穴が開き、角栓ができやすくなりますので、洗いすぎによる黒ずみも発生してしまいます。無理矢理角栓を除去しようとせずに、お肌にとって低刺激の洗顔を心掛けましょう。

メラニン色素沈着による顔の黒ずみ

鼻を触ってザラつきを感じない場合には、毛穴に詰まった角栓が原因ではなくメラニン色素の原因により顔に黒ずみが生じます。
メラニンとは黒い色素の素であり肌に沈着してシミの原因となります。お肌を外的要因から守ってくれる働きをするので、紫外線などを受けるとメラニンが生成されますが、過剰にメラニン色素が作られてしまうとお肌の表面上に出てきて黒ずみとなってしまいます。メラニン色素が作られる原因となる紫外線をしっかりと防いでメラニンの生成を抑えることが大切です。

紫外線予防のためには、外へ出掛けるときには必ず日焼け止めや日傘などで日焼け対策を行い、そしてお肌のセルフケアではメラニンの生成を抑える化粧品でスキンケアをしていくと効果的です。美白成分が配合されていたり、ビタミンC誘導体が配合された化粧品がオススメできます。メラニン色素を抑制する効果があるのでシミ予防に加えて、すでにできてしまったシミを薄くしてくれる効果もあります。

顔にできてしまった黒ずみを過度にお手入れしすぎてしまうと、お肌にとって強い刺激となってしまいお肌全体のバランスを崩すことにも繋がってしまうので、黒ずみの原因となるポイントを抑えた対策を行いながら、黒ずみを改善していきましょう。

以上、顔の黒ずみ対策としてのセルフケア...でした。

顔の黒ずみ対策を求める方へ

 - 部位一覧