サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

黒ずみをドラックストア等の市販薬で治すことは可能か?

黒ずみを改善する為のクリーム、スキンケアアイテムが数多く販売されていますが市販薬は薬だからコスメより効果が期待できるのが魅力です。勿論美容皮膚科での治療の方が効果は確実と言えますがクリニックは時間もお金もかかります。

市販薬ならドラックストアで手軽に購入することができるので、まずは市販の薬を試した上で効果が実感できない場合はクリニックを検討するといいでしょう。

市販の黒ずみ薬に使用されている成分

黒ずみ改善の為の市販薬に配合されている成分は尿素を挙げることができます。尿素は硬い角質を柔らかくし、じっくりと蓄積された角質を剥がすことができます。

その結果肌が生まれ変わり古い角質、角栓がどんどん排出されることで軽い黒ずみなら薄くすることができます。他にもグリチルリチン酸2Kという炎症を抑制する成分が配合されています。

あと代表的な美白成分と言えばビタミンCです。メラニンの生成を抑制することで肌の黒ずみを予防する効果があります。

内服薬ならビタミンCの他にシステインといったメラニの生成を予防する効果がある成分が紫外線、摩擦のダメージを受けた肌に最適です。

外用薬ならビタミンC誘導体が含まれている薬が美白効果が期待でき、内服薬と併用することでより効果がアップします。

豆乳ローション豆乳ローションにはイソフラボンがたっぷり含まれていて、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあります。
そして黒ずみに対しても効果があり、大豆サポニンの作用により黒ずみの解消、シミの予防効果が期待できます。

サポニン、レシチンには高い保湿効果があるから美白効果だけではなく保湿効果もあると言えます。

美白クリーム白クリームは通常保湿効果を目的とした美容クリームと比較し配合成分を強めています。なので肌への負担が大きい場合もあるので注意が必要です。

成分にはトラネキサム酸が配合されていて、この成分は皮膚科、美容クリニックでも処方されています。ただし市販のモノは含有量が少なめなので病院での処方が必要なく気軽に購入できるのが魅力と言えます。

ただし念のためにトラネキサム酸が配合されている場合は使用前にパッチテストをすることをお勧めします。

ピーリングケアを行ないながら使用する黒ずみ薬

ピーリングジェル・ミルク黒ずみ対策としてピーリングジェル・ミルクも有効と言えます。ピーリングジェル・ミルクをすることで1回でも肌がツルツルになりますが、黒ずみ対策の為に使用するのなら数回はピーリングをする必要があると言えます。

市販薬のピーリングアイテムは家で簡単に使用することができますし、安全性に考慮していますがやり過ぎると肌への負担が大きくなるので注意しましょう。洗顔し肌を清潔な状態にしてからピーリングケアを行なって下さい。

商品により使用方法も異なりますが乳液タイプなら肌に塗ってクルクルと指の腹で軽くマッサージをすることで汚れがポロポロと落ちていきます。ジェルタイプのモノは塗ってから数分間経過してから洗い流すモノもあるので使用方法をチェックした上で試してみて下さい。

黒ずみを市販薬で治すならサラズミ

 - 部位一覧