サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

唇の黒ずみをピンク色のぷるるん口へ導くケアとは

ぷるんぷるんしてピンクの唇は、女性の憧れですよね。唇が綺麗な女性は同性だけではなく男性にも好意を持たれる、魅力的な要素の一つです。そんな唇がもし黒ずんでしまったら、ショックではありませんか?実は唇が黒ずむ原因は、日常生活の色んな所に散らばっているんです。

唇が黒ずむ原因は色素沈着にあった!

唇が黒ずむ原因は、色素沈着にあります。では色素沈着がなぜ起こるのかというと、それは「唇が刺激を受けている」からなんです。同じく黒ずみが起こる脇や膝は刺激を受けやすい部位として有名ですが、唇がどのように刺激を受けるのか疑問を感じますよね?

食事の時ティッシュで唇を拭くことはありませんか?

化粧を落とす時に唇をこすることはないですか?

リップクリームを塗る時に唇を強くこすってはいないですか?実はそれ、全てが唇にとっては「刺激」になるんです。つまり、日常生活で当たり前の様に行われている事でも、唇にとっては色素沈着の原因の「刺激」になるという事です。

日ごろの紫外線や口紅タバコにも要注意せよ!

他の部位に比べて、とても皮膚が薄いのが唇の特徴です。皮膚が薄い唇は刺激を受けやすいため、紫外線にも弱いんです。肌荒れや乾燥の原因になる紫外線を唇が浴びてしまうと、強い刺激となって色素沈着の原因になります。

そして、大人の女性マナー「口紅」ですが、実は口紅には「タール」と呼ばれる紫外線の影響を大きくしてしまう成分が含まれています。つまり、口紅を塗って紫外線を浴びてしまうと、強い「刺激」を唇に与えてしまうんです。

また、歯の黄ばみの原因にもなるタバコは、実は唇の黒ずみの原因にもなります。

タールやニコチンなど体に悪影響を与える成分が入っているタバコは、体内のビタミンC不足も引き起こしてしまいます。ビタミンC不足になると色素沈着が起きやすい環境になってしまうので、唇の黒ずみの原因になってしまうんです。

もしタバコを吸っていて唇に黒ずみができてしまったら、一度タバコを止めてみるのをおすすめします。

唇の保湿とうるおいを綿密にケアしていく

唇の黒ずみを治す一番の方法は、唇の保湿を行う事です。

唇が乾燥していると刺激に弱くなってしまうので、唇に潤いがあるのは黒ずみ改善にもとても重要な事なんです。唇に潤いを与える一番の方法は、リップクリームを使う事です。今は保湿成分が含まれているリップクリームが売られているので、唇が乾燥したと感じたらこまめにリップクリームを塗りましょう。また、唇の黒ずみは、病院のレーザー治療でも治すことができます。

ただし、病院での治療は痛みを感じる事があったり、保険が効かないので高額の治療費になってしまいます。病院での治療は、セルフケアを行っても治らなかった場合の最終手段として考えておきましょう。

唇は、人からもよく見られやすいパーツです。そんな唇がいつでも魅力的に見えるように、口紅を塗り過ぎない、紫外線に気を付けるなどの最低限のケアを行ってみてはいかがでしょうか。

ぷるんとしてピンクの魅力的な唇を保つためにも、自分にできる黒ずみの予防方法を日常生活でも意識してみてくださいね。

以上、唇の黒ずみをピンク色のぷるるん口へ導くケアとは...でした。

色素沈着で黒ずむ方はこちらへ

 - 部位一覧