サラズミ

気になる黒ずみでお悩みのかたへのアドバイスや改善方法を教えちゃいます♪

摂取するだけではなかった!塩の意外な黒ずみ解消方法とは!?

塩は摂取するだけではなく、お肌の黒ずみを取ったり、部屋のお清めをしたりするために使うことができます。塩の種類や活用方法について、詳しくお話しします。

塩には食塩と天然塩があり、製法がそれぞれ違います。塩分の摂りすぎは身体に悪いといわれますが本当に悪いのか、という点を解説していきます。また、塩はお肌の黒ずみを解消したり、お清めに使ったりすることもできます。塩の活用方法についても、詳しくお話ししていきます。

塩の意外な活用方法が発見された!

食塩と天然塩の違いはミネラルの量の違い

私たち人間に必要不可欠な塩ですが、実は塩にはいくつかの種類があります。大きく分けると食塩と天然塩に分けられます。一般的に使われているのは食塩です。化学的製法で作られた塩化ナトリウムが99%以上のもので、ミネラルが排除されています。

天然塩は化学処理を全くせずに、塩田などで昔ながらの製法で作られた塩です。塩化ナトリウムは80%程度で、ミネラルが多く含まれています。また、食塩と似たものに食卓塩があります。こちらは食卓において味付けをするためのもので、食塩と同じく塩化ナトリウムが99%以上です。そこにさらに旨み成分のグルタミン酸ナトリウムが配合されています。

塩分補給は人間に欠かせないもの

健康のために減塩をするようにといわれる一方で、夏になると熱中症予防のために塩分を取るようにといわれます。人間が生きていく上で、塩分を補給することは欠かせないものですが、果たして、塩は身体に良いのでしょうか、悪いのでしょうか。

塩分が身体に悪いといわれてしまう理由は、食塩を摂りすぎているからです。問題となるのは食塩の主な成分である塩化ナトリウムです。塩化ナトリウムは、高血圧など生活習慣病の原因になります。一方、塩化ナトリウムの含有量が少ない天然塩の摂取に関しては、身体に害を及ぼすことはありません。

塩のペーストでお肌の黒ずみをスッキリ

塩は摂取するだけではなく、お肌のケアに使うこともできます。塩を使って洗顔すると、お肌の黒ずみが取れます。塩にぬるま湯を少し加えてペースト状にしたものを顔にのせ、肌になじませます。

お塩の効果で毛穴汚れや肌の角質なども取り除ける

塩の粒が、毛穴に詰まった汚れを取り除いてくれます。お肌になじませた後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。洗い流したままにしておくと乾燥するので、ニベアなどの保湿剤を使用して保湿をしておきましょう。なお、肌の弱い人は塩で強く擦りすぎると、肌を傷める原因になるので注意が必要です。

お清めと客寄せ効果がある盛り塩

塩はお清めのために使われることがあります。その代表的な場面が、お葬式から帰った後です。ケガレを家に持ち込まないために、家に入る前に塩を身体に振りかけて清めます。その他、場を清めるために盛り塩を部屋の中や玄関にすることもあります。

塩を振るトルコのおじさんが人気を呼んでいる

飲食店などの入り口に盛り塩があるのを見かけますが、それは、お清めの意味はもちろん、客を呼ぶためのものでもあります。古代の中国にて、牛車で旅している人を立ち寄らせるために、牛の好きな塩を玄関先に置いたことが客寄せのための盛り塩の由来です。

神聖な場所なので撒かれるお相撲の塩

相撲の取り組みの前には、両力士が土俵に塩を撒いています。もともと相撲は神事として行われていたので、神聖な場所を清めるという意味で塩を撒くようになりました。今では、力士の身体が傷ついた時の殺菌効果も期待して撒いているともいわれています。

力士が撒くための塩は、一場所で約650㎏以上も用意されます。しかし、三段目以下の力士は塩を撒くことができません。塩を撒けるということは、力士として格が上がった証となります。

食塩は化学製法で作られ、天然塩は化学処理をされていません。摂りすぎで問題になるのは、食塩の方です。また、塩のペーストでお肌の黒ずみを改善することができます。さらには盛り塩や相撲の取り組みでお清めとしても使われます。

肌 黒ずみ

 - トピックス